ロシアにはダメ男しかいない!

ニューズウィーク日本版 / 2014年12月26日 12時0分

 猛烈に湯気を立てているケトルに負けず劣らず、キッチンで2人の女性が交わす会話も熱を帯びていた。モスクワ郊外の12階建ての集合住宅でエレーナ・ラザレワ(51)と娘のエカテリーナ(29)は、恋人や夫がいない寂しさを語り、ロシアの男たちへの不満をぶちまける。

 2人の間で繰り返されてきた話題だ。恋をして結婚したいと思っているけれど、「いい男がいない」と、管理職として働くエレーナが言い、エカテリーナもうなずく。

 モスクワの街を歩き、カフェやレストランをのぞき、アパートを訪れると、こういう女性が至る所にいる。恋人や夫のいない女性たちが集まって一緒に過ごしているのだ。

 たいていは高いハイヒールに、オペラかファッションショーに出るような服装をしている。若くて美しい女性が男を「ハンティング」しようとするときの最近定番のファッションだと、ロシア議会のワディム・デンジン議員は言う。「そういう女性たちは、経済力を最優先基準に男を品定めしている」

 しかし、多くの女性は結婚相手探しに苦労している。「ロシアの男は怠け者で、テレビやパソコンの前で酒を飲んでばかり。女性を楽しませることを考えもしない」と、デンジンは言う。ロシアの多くの女性は、この指摘に心から同意するだろう。

 エレーナは、夫と離婚したとき、ほっとしたと言う。「まるでほかの惑星から来た異星人だった」。ベッドでは? 「幸せと思ったことは一度もない......我慢していた」。夫婦が離婚したとき、エカテリーナは9歳だった。酔っぱらった夫が妻を怒鳴り、夫婦げんかが絶えないというのが、ロシア社会で最もよくある家族の姿だ。エレーナ母娘の家もそんな家庭だった。

 離婚して20年。エレーナは、今も次の相手を探している。ただし譲れない条件がある。「経済的にも人間的にも納得できる相手でないとお断り。でも、そんな男がどこにいるっていうの? 恋人や妻がいない男なんて残っていない」

 エレーナによれば、ロシアのほとんどの男性は若いときに酒に溺れたり、軍隊で人が変わってしまったり、犯罪者すれすれになったりする。
実際、ロシア社会には男性が足りない。最近、ロシアの国家統計委員会が発表したデータによると、ロシアでは女性人口が男性より1050万人も多い。ロシア議会のタチアナ・モスカルコワ議員によれば、ロシア男性の平均年齢が36歳なのに対し、女性は41歳だ。



「幸せ」を買う女性たち

ニューズウィーク日本版

トピックスRSS

ランキング