ジェームズ・ボンドへの愛憎入り混じる想い

ニューズウィーク日本版 / 2015年10月26日 16時0分

 ジェームズ・ボンドを再び演じるくらいなら自分を傷つけるほうがまし──シリーズ最新作『007 スペクター』の公開を今月末(日本公開は12月)に控えるダニエル・クレイグは、そう考えているようだ。

 英タイムアウト誌の取材でボンド映画をもう1本撮ることを想像できるかと聞かれ、こう言い放った。「今? このグラスを割って、手首を切るほうがましだね。まったく想像できない......終わったばかりだ。ただ前に進みたい」

 ボンド役からはもう離れる?と重ねて尋ねられると、クレイグは率直に答えてみせた。「それについては何も考えていない。少なくとも1~2年は考えたくない。ボンド映画をまたやるとしたら、それは金のためだ」

 06年の起用以来、シリーズ4作に主演したクレイグを見るのは『スペクター』が最後か......といえば、そうとも限らない。

 06年の『007 カジノ・ロワイヤル』では英映画・テレビ芸術アカデミー賞の候補になり、ボンドシリーズの合間には『ドラゴン・タトゥーの女』(11年)のようなほかの映画にも出演するクレイグ。ボンド映画に対する彼のコメントはこれまで二転三転しており、過去のインタビューからは愛憎入り交じる想いが見て取れる。

 12年の『007 スカイフォール』の撮影前には、「完璧なボンド映画があるはず。それをなんとしても実現したい」とGQ誌に語った。だが8カ月後のローリングストーン誌のインタビューでは、ボンドを演じることへの嫌悪を見せている。「この役を始めたときから、辞めようとしてきた。でも解放してもらえなくて、あと数作は出演することに同意した。でもそれも今回の作品の興行成績による。ビジネスはビジネスだし、もしもうまくいかなかったら誰かがケツを拭く契約になっている」

映画としては高く評価

 彼はこの記事の中で、公開直前だった『スカイフォール』をこう要約した。「かなりいい。軽いタッチで、まあ分かるだろ。結局のところ、ジェームズ・ボンド映画だからね」

 現在は『スペクター』の宣伝活動中だが、そこでもクレイグは相変わらずだ。観客がまだ007に興味を持っていると思う理由を聞かれて、冗談で返した。「いい物語は長続きするという古い格言へのこだわりさ。それから30分ごとに起きる爆発。そういうものだ」

 エスクァイア誌の10月号では、ボンドというキャラクターを辛辣にこき下ろした。「とにかくものすごく孤独な男だ。深い悲しみがある。美しい女性たちと寝るけど、彼女たちは去っていく。それに男が年を取るのも惨めな話だ。悲しいね」

 初めてボンドを演じたときはパロディーのように感じられたという。「(007シリーズのパロディーでヒットした)『オースティン・パワーズ』にやられちゃったからね。『カジノ・ロワイヤル』を撮った頃にはマイク・マイヤーズのせいで、あらゆる仕掛けが冗談に見えた」

 だが結局のところ、クレイグはシリーズを比較的高く評価しているようだ。タイムアウトの記事では次にボンドを演じる俳優に対して、「一生懸命やれ。こんなシリーズはもう作れない。今ではめったにないものなんだ」とアドバイス。「限界に挑むべきだ。それだけの価値はある。だってジェームズ・ボンドなんだから」

[2015.10.20号掲載]
ナタリー・イルスレー

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング