米地方選の民主党勝利は復活の兆しなのか - 冷泉彰彦 プリンストン発 日本/アメリカ 新時代

ニューズウィーク日本版 / 2017年11月9日 16時15分

<今週7日に実施されたニューヨーク市長選、ニュージャージー、バージニア州知事選でいずれも民主党候補が勝利し、民主党の勢いが復活したという見方が出ているが......>

アメリカでは11月の第一火曜日が「選挙の投票日」になっています。ちょうど今から1年前の11月6日には、大統領選の結果トランプ現大統領が劇的な勝利を収め、同時に行われた連邦議会の選挙では、共和党が上下両院で過半数を占めました。

それから1年、今年の「選挙の日」は11月7日でした。今年は、大統領選もなければ連邦議会の中間選挙もありませんが、通常の選挙年のサイクルから外れた地方選挙が一部であり、注目されていました。

話題になっていたのはまずニューヨーク市長選で、1期目を終えるデビット・デブラシオ市長は民主党の中でも左派に属する政策を推し進めており、党内では「もっと中道の候補が」いいという声に乗って「ヒラリー・クリントン出馬の待望論」が叫ばれていた時期もありました。一方で、共和党側にはトランプ大統領の長男であるドン・ジュニア氏への待望論もありました。

ですが、結局「大物候補」の参戦はなく、現職に対して共和党は若手州議会議員のニコル・マリオタキスを候補に擁立し、結果的には現職のデブラシオ市長が圧勝しています。デブラシオ市長は、移民政策を中心にトランプ政権と強く対立しており、公立大学の無償化や貧困層向け渋滞の整備など、長い間の保守市政ではできなかった左派政策を続々と実行しているので、今回の選挙結果はその路線が信任されたことを意味すると見て良いでしょう。

私の住むニュージャージー州では、クリス・クリスティ知事(共和党)が2期目を満了して多選禁止の制度に引っかかるため、ガダーノ副知事が共和党候補になりました。しかしゴールドマン・サックスの幹部だった民主党のビル・マーフィー候補にあっさり敗れてしまいました。ガダーノ副知事の不人気は、クリスティ路線への「ノー」であり、ここでも有権者は「アンチ・トランプ」に走ったと言うことはできます。

ただし、クリスティ知事と共和党州政府の不人気は、トランプ派だったことだけでなく、政治的報復として「わざとニューヨークとの間の橋で渋滞を発生させた」疑惑と、その責任を側近に押し付けた姿勢への反発もありました。いわゆる「ブリッジゲート事件」ですが、この事件が大きく足を引っ張ったという要素も無視できません。

全国的に話題になったのは、バージニア州でした。まず州知事選ではトランプ派と言われた共和党のエド・ギレスピー候補と民主党のラルフ・ノーサム候補が僅差の戦いと言われていたのですが、フタをあけてみると53.9%対45.0%という大差で民主党が勝利しています。また、同州の州議会下院選挙では、トランスジェンダーの候補(民主党)が共和党の現職を破って当選して注目を浴びるなど、民主党が躍進しています(選挙結果は集計中のため未確定)。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ニューズウィーク日本版

トピックスRSS

ランキング