テキサス州予備選、民主党が好調な滑り出し──トランプへの反対票か

ニューズウィーク日本版 / 2018年3月8日 14時30分

<保守の牙城、テキサス州の予備選に女性と非白人が積極的に参加して民主党の投票数は過去最高に。対する共和党は熱気に欠ける>

今秋行われる米中間選挙に向け、テキサス州で3月6日、共和党・民主党両党の連邦上下院議員候補を選ぶ予備選挙が実施され、選挙戦の火蓋が切って落とされた。

今回のテキサス州予備選では、前回2014年の中間選挙の予備選と比べ、民主党支持者の投票者数が87%も増加。専門家によると、女性と非白人が積極的に選挙に参加したことが大きな要因だという。

民主党の上院議員候補にはベト・オルーク下院議員が選出され、共和党候補で現職のテッド・クルーズとの一騎打ちに臨むことになった。また民主党は92年以降初めて、連邦下院議員を選ぶ州内の36の選挙区すべてで候補者を擁立した。

「共和党はテキサスで起きた事態に危機感を抱くべきだ」と、2016年の大統領選で民主党全国委員会にデータを提供した調査会社ターゲットスマートのトム・ボニアーCEOは本誌に語った。

共和党予備選の投票者数も15%増えたが、民主党の87%増は、中間選挙の予備選では「まずあり得ない」数字だと、ボニアーは言う。

熱気に欠ける共和党

テキサス州は伝統的に共和党が強く、それを支えるのは主として白人男性だ。近年は中南米系とアフリカ系住民が増えているが、ボニアーによれば、この層はこれまで白人ほど選挙に熱心ではなかった。この層がどっと投票所に押し寄せれば、勢力図が大きく変わる可能性がある。

先週末の期日前投票を見て、ボニアーは女性、黒人、中南米系の参加が大幅に増える一方で、白人の参加が減ったことに気づいた。11月の本選でも、こうした現象が起きる可能性がある。

民主党の下院議員候補として、中南米系の女性2人、ベロニカ・エスコバルとシルビア・ガルシアがそれぞれの選挙区で選出され、どちらか、あるいは2人とも本選で勝てば、テキサス州選出では初の中南米系女性の下院議員となる。

ボニアーによれば、民主党の支持基盤は中間選挙に向けて活発に草の根運動を展開しているが、共和党陣営は民主党と比べても、また16年の大統領選と比べても、まったく熱気が感じられないという。



トランプの応援が裏目に

「われわれはすべての選挙区に候補者を立てている。つまり、これまで長年、民主党の主張を聞く機会がなかった有権者にも声が届くということだ」と、テキサス州民主党のジルベルト・イノホサ委員長はAP通信に語った。「11月の本選でその成果が出るだろう」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ニューズウィーク日本版

トピックスRSS

ランキング