大坂なおみフィーバーは日本の人種差別を変えるか

ニューズウィーク日本版 / 2018年9月20日 15時30分

<「日本人」の概念を揺さぶる大坂なおみの躍進は外国人差別の解消や移民受け入れにつながる?>

テニスの全米オープンが開幕する直前の8月23日、ニューヨーク・タイムズ電子版に大坂なおみ(20)選手の長い特集記事が掲載された。副題には「彼女は日本人であることの意味をめぐる日本の期待を打ち破れるか」とある。

記事によれば、大坂の母・環はハイチ出身のアメリカ人である黒人男性との婚を父親に反対され、10年以上連絡を取れなかったという。家族は今では仲直りしているが、環は今年6月にこんなツイートをしている。「(私の結婚は)家族にとって『不名誉』だった。何十年も砂漠とジャングルにいた」

環と夫は北海道から大阪へ居を移し、さらに次女のなおみが3歳のときにアメリカに移り住んだ。日本の義理の父に拒絶されたにもかかわらず、なおみの父はなおみが13歳の時に娘が日本のテニス選手としてプレーする道を選んだ。

全米オープンで大坂が日本人初の優勝を果たして以来、日本メディアは大坂をまるで1カ月前まで日本に住んでいたかのような扱いでもてはやしている。米メディアが彼女にアイデンティティーに関する質問をするのに対し、その質問が最も重要なはずの日本で、その手の質問が歓迎されていないようなのはおかしな話だ。

日本にはなおみのようにルーツを日本以外の国にも持つ人が大勢いる。そして、外見から分かる「ハーフ」は皆、「母国」にいながら差別された記憶を持っている。

日本とフランスにルーツを持つ14歳の私の娘も最近、差別を体験した。上野公園で休憩していたとき、日本人男性から「クソガイジン」と言われたのだ。

会見でのばかげた質問

私も先日、健康診断で医療機関を訪れたところ、国民健康保険の不正利用を疑う日本人から「外人がここで何をしている?」と絡まれて口論になった。外国人が偽りの在留資格で健康保険に加入している恐れがあるとして日本政府は最近調査を行ったが、在留資格偽装が確認された例は今のところ1件もない。

大坂の躍進は、日本の移民問題について真剣な議論を進める絶好の機会だ。大坂の代理人スチュアート・ドギドはニューヨーク・タイムズにこう語っている。「今後15年間で、なおみは素晴らしいキャリアを築き、グランドスラム(4大大会)制覇さえも成し遂げるかもしれない。でも私は同時に、彼女が日本における複数の人種的背景を持つ人々への文化的認識を変えることも期待している。彼女は変化をもたらす大使になれる」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ニューズウィーク日本版

トピックスRSS

ランキング