メーガン妃の出産は今週中?名前はダイアナかも

ニューズウィーク日本版 / 2019年4月9日 14時13分

<ハリー王子とメーガン妃の第一子をめぐりブックメーカーも大盛り上がり。名前がダイアナならウィリアム王子との関係が悪化する可能性も>

英ハリー王子の妻メーガン妃が、今週中にも出産するかもしれない。

サセックス公爵夫妻の第一子は4月に誕生する予定だと報じられており、この出産に関する賭けのオッズ(倍率)は、メーガン妃が今週中に出産する可能性がきわめて高いことを示唆している。

大衆紙サンによれば、メーガン妃の出産を「今週中(4月8日~12日)」とする賭けのオッズは2倍まで下がり、今後数日での出産の可能性が最も高いとされている。その次の週(4月15日~22日)だとするオッズは4倍。ウィリアム王子とキャサリン妃の第3子であるルイ王子の誕生日(4月23日)と同じ日も4倍だ。エリザベス女王の誕生日(4月21日)と同じ日のオッズは7倍から5倍に下がった。

ブックメーカー(賭け屋)サイト「パディパワー」の広報担当は「4月中の出産が見込まれるなか、ハリー王子とメーガン妃の第一子の誕生を今週とする賭けのオッズを引き下げた」と語り、さらにこう続けた。「EU(欧州連合)離脱をめぐる問題から国民の気を逸らす完璧なタイミングとして、離脱が予定されている4月12日に誕生の可能性だってある。また第一子は女の子だという予想が優勢で、名前については今も『ダイアナ』が一番人気だ」

「メーガン妃の妊娠はフェイク」説も

ウィリアム王子は、ハリー王子夫妻の子どもにはダイアナ元妃の名前をつけて欲しくないと考えていると報じられている。ウィリアム王子も自身の娘にダイアナ元妃の名前をつけたいと考えていたが、シャーロットと名付けてミドルネームの一つに「ダイアナ」を入れることにした。

ケンブリッジ公爵(ウィリアム王子)がそうしたのは、父チャールズ皇太子の再婚相手であるカミラ夫人に敬意を表するためだと言われている。王室関係者は、ハリー王子が自身の子どもに「ダイアナ」の名前をつければ兄の思いに配慮していないことを示唆し、ウィリアム王子との兄弟仲が悪化することになるだろうとしている。

またメーガン妃は、エリザベス女王の専属の手による出産を断ったと報じられている。この決定で、彼女の妊娠はフェイクだとするネット上の噂にさらに拍車がかかることになった。

<関連記事>「妊娠はウソ」「最低ランク女優」......メーガン妃がネット上で受けているいわれなき罵り

あるネットユーザーは、メーガン妃は「証人」をつくらないために一人で出産したいと考えていると主張。メーガン妃が妊娠を偽造して代理母を雇っているとする者もいる。

(翻訳:森美歩)



※4月16日号(4月9日発売)は「世界が見た『令和』」特集。新たな日本の針路を、世界はこう予測する。令和ニッポンに寄せられる期待と不安は――。寄稿:キャロル・グラック(コロンビア大学教授)、パックン(芸人)、ミンシン・ペイ(在米中国人学者)、ピーター・タスカ(評論家)、グレン・カール(元CIA工作員)。


キャサリン・アメシン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング