ノートルダム大聖堂、再建への道は遠い

ニューズウィーク日本版 / 2019年4月26日 13時0分

<独特の建築様式と「経年劣化」がネックに――火災で屋根全体が崩落した大聖堂の危うい現状>

めったにない手法でパリのノートルダム大聖堂の研究を究めた人物――それが米デューク大学のキャロライン・ブルゼリアス名誉教授(美術・美術史)だ。

ノートルダム大聖堂は4月15日夜に大火災に見舞われたが、幸いにも全焼という悲劇は免れた。それでも、ブルゼリアスだからこそ分かっていることがある。この大聖堂は今も非常に危うい状態にあるのだ。

ゴシック様式大聖堂の専門家であるブルゼリアスは、大規模清掃作業のためノートルダム大聖堂に足場が組まれた約40年前、この信仰の場を徹底的に調査。のちに、建築構造上の利点と弱点を詳しく検証する学術論文を執筆した。

再建への道のりはどれほど厳しいものになるのか。火災発生の翌日、フォーリン・ポリシー誌記者マイケル・ハーシュがブルゼリアスに話を聞いた。

***


――火災による被害は、昨夜の時点で危惧されたほどひどくはなかったようだが。

損壊の規模と箇所を正確に把握するにはかなり時間がかかるだろう。(大聖堂には)ステンドグラスや祭壇があり、構造面や建築面の要素もある。それぞれの分野の専門家に分析してもらわなければならない。

私が特に懸念しているのは石材でできた壁の状態だ。今回の火災は大規模で、炎は極めて高温だった。石が燃えることはないが、高熱によって深刻な損傷を受ける場合がある。ボールト(アーチ状の天井部)と壁面上部を全て、詳しく調べなければならない。

断言はできないが、再建には少なくとも10年はかかると予想する。重要な点は建物を覆うことだ。現在むき出しになっているボールトの上部表面、そして建物の下階を水や悪天候から保護する方策を講じなければ。

――あなたはノートルダム大聖堂の構造や歴史を調査しているが、火災直前の時点で大聖堂はどの程度まで脆弱だったのか。火災発生時に改修工事が行われていたのには、それなりの理由があったはずだ。

訪問者の目に付かない箇所で修復が急務になっていた。具体的に言えば、ボールト上部と屋根の間に位置する巨大な木製の骨組みだ。

この部分の木材は古く、何世紀にもわたって夏場は熱せられ、冬場は凍り付き、非常に燃えやすくなっていた。今回の火災がこれほどひどかったのはそのせいだ。古い木材が激しく燃え、次から次に火が移った。

――それでも、多くが焼失を免れたのは奇跡のようなもの?

そのとおり。昨夜遅くに大聖堂内の画像を見たときは本当に安心した。崩落した尖塔や梁が突き刺さったボールトは、ごく少数だったようだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング