韓国「反日大統領」文在寅、成功体験を重ねた自信家の経歴

ニューズウィーク日本版 / 2019年7月23日 16時45分

<歴史や貿易問題で日本との対決をいとわず、自国経済と国民を窮地に追い込む文在寅。その経歴を紐解けば、文の思想の根源に何があるかが見えてくる>

民主化の実現、兵役時代の表彰、司法試験合格、大統領当選......と、苦労をしながらも成功を重ねてきた文在寅(ムン・ジェイン)大統領は自信家だ、という見方がある。

手始めに、『運命 文在寅自伝』(邦訳・岩波書店)を元に文の経歴を簡単に振り返ってみると、以下のようになる。

【1953年1月】
・朝鮮戦争の最中、両親が北朝鮮領内から避難した韓国の巨済島で生まれる

【1975年4月】
・慶熙大学在学中に学生運動を主導し拘束、除籍に(後に復学)

【1975年8月】
・兵役で入隊し特戦司令部に配属される

【1980年】
・「反独裁民主化闘争」に参加し2度目の拘束
・司法試験合格、慶熙大学法学部卒業

【1981年】
・結婚

【1982年8月】
・後の大統領、盧武鉉と法律事務所を設立。労働者弁護士として活動する

【1988年】
・ハンギョレ新聞創刊準備委員会委員

【2002年10月】
・盧武鉉大統領候補の釜山選挙対策本部長に

【2007年】
・廬武鉉政権で大統領秘書室長、第2回南北首脳会談推進委員会委員長を歴任

【2012年】
・国会議員選出(民主党)、議員1年目にして同年の大統領選挙に出馬するも朴槿恵候補に敗れる

【2015年】
・「共に民主党」代表に就任

【2017年5月】
・朴槿恵の罷免を受けて実施された大統領選挙に出馬し勝利、19代大統領に選出される

歴史や貿易問題で日本との対決をいとわず、自国経済と国民を窮地に追い込む文の「論理」はどういうものなのか。ニューズウィーク日本版は本日(7月23日)発売の7月30日号で「ファクトチェック文在寅」特集を組み、検証した。

上記の経歴をざっと見るだけでは読み取れないが、特集に寄稿した東京新聞論説委員の五味洋治は、5つのファクトから文の思想の根源に何があるかを解き明かす。

その5つとは――

FACT 1:意外な「日本好き」
FACT 2:「時代の犠牲者」
FACT 3:「民主化実現」への自負
FACT 4:「統一への憧憬」
FACT 5:「積弊清算」に執着

だ。五味はこう書く。

「文には自分が正義を貫き、韓国の民主化を実現したという自負があるに違いない......ただ、正義や被害者であるという『道徳的優位性』にこだわり過ぎれば、外交の選択肢を狭める。戦後最悪とも称される日韓関係の悪化を招いた出発点は、際限ない「積弊清算」にあることを自覚すべきときだ」



対立が深まるばかりの日韓だが、特集では他に、官邸外交の「成功と失敗」について外交アナリストの河東哲夫に、経産省の輸出管理に反発する韓国政府の主張がなぜ間違っているかについて安全保障問題専門家の古川勝久(元国連安保理北朝鮮制裁専門家パネル委員)に執筆してもらった。

本誌コラムニストで元CIA工作員のグレン・カールはこれを機に、改めてアメリカの視点から慰安婦問題を見直した。カールによれば、そもそも地図上で日本を認識できないアメリカ人が58%おり、日本が十分に謝罪したと考えるアメリカ人も37%にとどまるなど、日本人からすれば衝撃的な「ファクト」が提示される。

日韓関係はこれから、どこへ向かうのか。今こそ「ファクト」に立ち返ることが求められている。


※7月30日号(7月23日発売)は、「ファクトチェック文在寅」特集。日本が大嫌い? 学生運動上がりの頭でっかち? 日本に強硬な韓国世論が頼り? 日本と対峙して韓国経済を窮地に追い込むリベラル派大統領の知られざる経歴と思考回路に迫ります。



ニューズウィーク日本版編集部

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング