銃乱射を同性愛のせいにするアメリカの懲りない白人至上主義者

ニューズウィーク日本版 / 2019年8月7日 18時40分

<銃乱射は「伝統的な家族の崩壊のせい」即ち「同性愛やトランスジェンダーのせい」と言った議員に同じ共和党からも辞任を求める声が>

オハイオ州のキャンディス・ケラー下院議員(共和党)に対して、辞任を求める声が高まっている。同州デイトンで8月4日未明に起きた銃乱射事件に関して、「同性婚」や「娯楽用大麻」を認めたせいだ、とフェイスブックに投稿したのだ。

この銃乱射事件では、9人の死者が出た。デイトンから50キロほど南西にあるバトラー郡選出の州下院議員であるケラーは、この事件が起きた原因として、「正当な手続きを経て選ばれた大統領を受け入れられない愚かな左翼の連中」や「神の大切さを全く認めない」文化など、さまざまな要素を挙げた。

ケラーはシンシナティ・エンクワイアラー紙の取材に対し、自分の投稿だと認めた。今は削除されたこの投稿の中で、ケラーは「伝統的なアメリカ的家庭の崩壊」を嘆き、それを「トランスジェンダー、同性婚、ドラァグクイーン」のせいにした。

GOP Rep. Candice Keller said on FB that blame for the Dayton shootings result from breakdown of the traditional family, gay marriage, video games, professional athletes who protest the American flag, recreational marijuana & "snowflakes, who can't accept a duly-elected President pic.twitter.com/kFtPc5vuO4— Stone (@stonecold2050) August 5, 2019
ケラー議員(写真)の辞任を求めるツイート


デイトンでの銃乱射事件の前日には、テキサス州エルパソのウォルマートの店舗でも銃乱射事件が起き、少なくとも22名が死亡した。

ケラーの投稿は怒りを呼び、同議員と同じ共和党所属の議員からも非難の声が上がっている。その1人、オハイオ州ハミルトンの副市長を務めるマイケル・ライアンはツイッターで、同議員の投稿を「ばかげている」と批判した。

「フェイスブックにこんな投稿を書いている時間があれば、銃乱射を防ぐための法案を起草するのに使った方がよほど有意義だ」とライアンは書く。「自分以外の誰かを名指しして責めても、何もいいことはない。さらなる分断を作り出すだけだ」

中絶をナチスの所業に例えたことも

バトラー郡のリチャード・ジョーンズ保安官やオハイオ州共和党のジェーン・ティムケン委員長も、ケラーに議員辞職を求めている。ティムケンはケラーの投稿を「あまりにショッキング。とても正当化できない」と非難した。

デイトン市長のナン・ウェイリーも、ケラーは「辞職すべき」とツイートした。「どこの出身でも、同性愛でも、どんな出で立ちでも、デイトンは歓迎する」

民主党のウェイリーは公然とトランプも批判し、この憎悪と分断は「彼の撒いた種だから、彼が刈り取るべきだ」とも語った。

歌手のリッキー・ダビラは30万人近いフォロワーたちに向け、ツイッターでこう呼びかけた。「これこそが白人至上主義者たちをあおり、僕たち黒人を死に追いやるヘイトスピーチだ」

ケラーはかつて人工妊娠中絶手術などを行う全米家族計画連盟(PPFA)をナチスに例えるなど、これまでにも問題発言があった。2020年の選挙では州上院議員に立候補する予定だと、シンシナティ・エンクワイアラーは伝えている。



警察当局は、24歳のコナー・ベッツが銃乱射事件を起こすに至った動機を、いまだ明らかにしていない。9人の死者の中には、同容疑者の妹も含まれていた。

しかし友人たちは、最近の同容疑者の行動に気がかりな点が多いとして、地元警察に通報していたという。

同容疑者は事件前、地元の大学生に人気のバー「ティモシーズ」を銃撃したいといった願望を口にしていた。また、一度は武器を見せびらかしたこともあったと、デイトン・デイリー・ニュース紙は報じている。

友人のウィル・エルファキルは同紙に対し、5カ月ほど前にベッツが銃を取り出し、頭に突き付けてきたことがあったと述べている。

「友達に対して、少し暴力的になっていた。特に理由もなく、友人の僕たちに銃を突き付け始めた」と、エルファキルは証言した。

(翻訳:ガリレオ)


※8月13&20日号(8月6日発売)は、「パックンのお笑い国際情勢入門」特集。お笑い芸人の政治的発言が問題視される日本。なぜダメなのか、不健全じゃないのか。ハーバード大卒のお笑い芸人、パックンがお笑い文化をマジメに研究! 日本人が知らなかった政治の見方をお届けします。目からウロコ、鼻からミルクの「危険人物図鑑」や、在日外国人4人による「世界のお笑い研究」座談会も。どうぞお楽しみください。



アメリカで立て続けに起きた2つの銃乱射事件、いずれも容疑者は20代前半の男性だった Channel 4 News

ブレンダン・コール

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング