宇宙飛行士が捉えた、数千キロにおよぶ煙連なるアマゾンの姿

ニューズウィーク日本版 / 2019年8月29日 18時35分

<アマゾン森林火災の煙は、宇宙ステーションからでもはっきりと......>

8月頭に始まったとされるアマゾンの火災は、発火から4周目に突入したいまなお被害を拡大し続けている。過去最悪のペースで消失が進む熱帯雨林の様子を、国際宇宙ステーション(ISS)に滞在中のイタリア人宇宙飛行士ルカ・パルミターノ氏が26日、自身のツイッターで公開した。

Il fumo, visibile per migliaia di chilometri, di decine e decine di incendi dolosi nella foresta amazzonica. #noplanetB #MissionBeyond pic.twitter.com/WAuHyBnlgt— Luca Parmitano (@astro_luca) August 26, 2019

(「人間のせいで発生したアマゾン森林火災。何十もの煙が数千キロメートルにもおよんでいる」)

熱帯雨林1万平方キロメートルが消える

英ガーディアン紙によると、この火災の影響で、アマゾンの熱帯雨林は10年ぶりに1万平方キロメートルが消失するという。

火災は昨年同期比84パーセントも増加している。この原因の一端を担うのが、ブラジル大統領ジャイル・ボルソナロの森林伐採の奨励だとされているが、本人は当初「農民が野焼きする季節」と言い、火災を季節の自然熱によるものとしていた。

先日、ジャーナリストから環境保護や国内の経済問題について聞かれ「一日おきにうんちするだけで十分だ」と答えるなど、その危機感のなさにかねてから批判が集まっていたが、23日にやっと軍を投入して消火活動にあたることを決めた。

【参考記事】環境問題と貧困は「1日おきのうんち」で解決する ブラジルの暴言大統領



人気歌手もサッカー選手も

23日には、米航空宇宙局(NASA)のウェブサイト「Earth Observatory」に8月15〜22日に観測された衛星画像が公開され話題になった。南米を捉えた画像の白色の部分は都市、黒色が森林、オレンジが火災が発生した部分を示す。

Uptick in #Amazon Fire Activity in 2019. #NASA earth observatory https://t.co/XKvtOd7Clu— Rut Erdelyi (@RutErdelyi) August 25, 2019

この世界的な緊急事態に、各界のセレブ達も動き出しており、俳優のレオナルド・ディカプリオは自身が支援する環境保護財団「Earth Alliance」を通じ500万ドル(約5億3000万円)の寄付を行うことを約束。このほか歌手のアリアナ・グランデやカミラ・カベロ、サッカー選手のクリスティアーノ・ロナウドなどが自身のSNSで、「#PrayforAmazonas(アマゾンのために祈ろう)」のハッシュタグを付けメッセージを投稿した。

The Amazon Rainforest produces more than 20% of the world's oxygen and its been burning for the past 3 weeks. It's our responsibility to help to save our planet. #prayforamazonia pic.twitter.com/83bNL5a37Q— Cristiano Ronaldo (@Cristiano) August 22, 2019

(クリスティアーノ・ロナウドの投稿。「アマゾンの熱帯雨林が燃え続けて3週間。私たちの地球を守るのは私たちの責任だ。#prayforamazonia」)

【参考記事】ディカプリオがアマゾン火災のため500万ドル調達 他のセレブも続々と



※9月3日号(8月27日発売)は、台湾、香港、次はどこか 「中国電脳攻撃」 特集です。台湾地方選を操作し、香港デモにも干渉した中国サイバー集団によるSNS攻撃の手口とは? そして、彼らが次に狙うターゲットは? 一帯一路構想とともに世界進出を狙う中国民間軍事会社についてもリポートします。


ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング