北朝鮮船がロシアの国境警備艇を攻撃、日本海で多発する国際事件

ニューズウィーク日本版 / 2019年9月18日 18時0分

<パワーバランスが変化する北東アジアの海で、周辺国が危険なぶつかり合いを始めた>

日本海を航行中のロシア国境警備隊の警備艇が9月17日、北朝鮮の漁船から攻撃を受けた。ロシア治安機関の1つ、連邦保安庁(FSB)は同日、ロシア国営タス通信に「北朝鮮の漁船の乗組員がロシア国境警備隊船舶監視隊に対し武装攻撃を行った」と語った。3名が重軽傷を負ったという。

その後、ロシアは別の北朝鮮漁船2隻、およびモーターボート11隻を拿捕し、80人以上を拘束した。これらの船舶が、ロシアの排他的経済水域(EEZ)で密漁を行っていたと、ロシア当局は主張する。

ARIRANG NEWS


ロシア外務省は北朝鮮の代理公使を呼び出す予定だと、ロシアのニュースメディア「RIAノーボスチ」は伝えた。

北朝鮮は7月にも、ロシア人15人と韓国人2人が乗船したロシア船籍の船を拿捕したが、10日ほどで解放している。

日本海では、他国の排他的経済水域に侵入して密漁を行う漁船が後を絶たず、国際事件が多発している。北朝鮮とロシアは伝統的に友好関係にあるが、国境警備当局と漁船が絡んだ事案は何度も発生しており、関係に影響しかねない。2016年に起きた事件では、北朝鮮の漁船が日本海のロシアのEEZに侵入したとしてFSBが発砲し、死者も出ている。

<参考記事>【動画】韓国海警、違法操業の中国漁船に初の機関銃700発使用

力関係が変化

日本海で衝突しているのはロシアと北朝鮮だけではない。9月13日には、日本の海上保安庁の巡視船に北朝鮮船とみられる船舶が接近し、ライフルを掲げて威嚇を行う事件が8月に起きていたことが明らかになり、日本政府は北京の日本大使館ルートで抗議を行った。

<参考記事>中国漁船300隻が尖閣来襲、「異例」の事態の「意外」な背景

ロシアと中国が日本海と東シナ海の上空で初の共同警戒監視活動を行った7月には、日韓がともに領有権を主張する竹島(韓国名:独島)付近の上空をロシア軍偵察機が飛行したとして、日韓両国の戦闘機が緊急発進した。その後日韓は、ロシア偵察機にスクランブルをかけた互いの行為を非難し合っている。

中国とロシアが接近し、北朝鮮に接近する韓国が一方で日本と対立を深めるなど、北東アジアで近年、各国の力関係には変化が起き始めている。いつ何が起こるか目を離せない。

(翻訳:ガリレオ)

※9月24日号(9月18日発売)は、「日本と韓国:悪いのはどちらか」特集。終わりなき争いを続ける日本と韓国――。コロンビア大学のキャロル・グラック教授(歴史学)が過去を政治の道具にする「記憶の政治」の愚を論じ、日本で生まれ育った元「朝鮮」籍の映画監督、ヤン ヨンヒは「私にとって韓国は長年『最も遠い国』だった」と題するルポを寄稿。泥沼の関係に陥った本当の原因とその「出口」を考える特集です。


ARIRANG NEWS

トム・オコナー

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング