日本近代の歩みとミシガン大学

ニューズウィーク日本版 / 2019年9月24日 12時0分

<上皇陛下が皇太子時代の1953年に訪れるなど、日本と縁が深いミシガン大学。戦後まもない1947年に設立された、北米で最も長い伝統を持つ同大学日本研究センターの19代目所長筒井清輝教授が、1870年代の最初の日本人留学生グループの歴史から現在のアメリカにおける日本研究の拠点としての役割について語る>

昨秋、オックスフォード大学で、明治維新一五〇周年にあたって、その世界史的意義を考えるというサントリー文化財団主催のシンポジウムに参加させていただいた。基調講演では、まず苅部直東京大学教授が、明治維新が革命ではなく維新と呼ばれるに至った経緯について語り、何故支配階級である士族層が「ステイタス・スーイサイド」とも呼べる特権放棄を行い、敵視してもおかしくない外来の技術や文化を受容し、比較的暴力性の少ない形で新体制を確立できたのかについて報告した。苅部は、幕末期に封建的身分制度に縛られた閉塞的社会に不満を抱いていた士族たちが多くおり、彼らの不満が特権を放棄してでも新しい社会を築こうというエネルギーに変わったこと、また彼らを中心とする明治期のリーダーたちが、欧米の技術や文化の先進性を素直に認めた上で、そこに日本の伝統との共通性を見つけることでその広い受容を容易にしていき、近代日本の発展の礎を築いたこと、などを強調した。

続いてオックスフォード大学のショウ・コニシ教授が、官ではなく民の間での、特に明治維新の「敗者」や「犯罪者」の関わった国際交流の歴史に関する報告を行った。コニシは、シカゴ大学でトレーニングを受けた歴史学者らしく、明治維新とともに一旦閉鎖された懐徳堂を端緒に、ロシア正教会やトルストイの思想が宗教としてではなく、徳として、特に「敗者」の間で広く受け入れられ、その後の日本の思想史にも大きな影響を与えたという、歴史学のグローバル・ヒストリーへの関心を反映した壮大な歴史の流れを語った。

二人の刺激的な報告を聞いて、そこで描かれたような日本の近代化と国際社会との関わりは、私の所属するミシガン大学の歴史にも深く刻まれていることに思いを馳せた。苅部の報告にあったような維新初期の欧米の新しい知識への渇望は、遠くアメリカ中西部のミシガン大学まで届いていた。現在では、毎年数多くの日本人留学生が研鑽を積むミシガン大学だが、一番最初の留学生グループが訪れたのは一八七〇年代に入ってからであった。その中でも最も有名なのは、のちに東大総長、貴族院議員、そして文部大臣にまでと立身出世を遂げた、外山正一であった。



彼が初めてミシガン大学のあるアンアーバーに渡ったのは一八七一年。ミシガン大学を選んだのは、学費・生活費が他の東部の大学などに比べて安く、ここであれば、自分一人の分の政府からの支給金を使って三人の日本人が勉学に励めると考えたからだという。自分の生活費を切り詰めてまで、これからの日本を担う人材を育てようという先見的で献身的な考え方も、苅部が指摘するような当時の士族たちの空気を反映していたのかもしれない。

折しも、アメリカ合衆国は南北戦争後の復興期で、激しい内戦が終わり、産業化の進展で急速な経済成長が続いていた。この時期のアメリカ社会の空気を吸った外山が、日本でも明治維新という大変革の時期を経て社会が大きく成長する可能性に希望を持ち、スペンサーなどの進化論的な社会発展理論に傾倒していったであろうことは想像に難くない。こうした最新の社会思想を東京大学に持ち帰った外山は、日本社会学の始祖とも言われている。

外山がアンアーバーを離れてから一〇年ほど経った一八八七年、今度は一人の日本人経済学者がアンアーバーに降り立ち、日本経済に関する初めての英語での本格的学術論文を著す。それが、その後日本経済の発展に大きな役割を果たし、日本興業銀行総裁にまで上りつめた小野英二郎であった。彼の博士論文審査委員会には当時のミシガン大学学長のエンジェル教授も入っていたというし、彼の業績は新聞などでも紹介されており、この若き日本人による日本経済に関する研究は大きな注目を集めていたようである。ちょうど日本では大日本帝国憲法が起草・発布され、日本政治の基盤が整備されていた頃、小野は日本経済の基盤を築くべく、欧米の理論を吸収し、自身の日本経済研究を進めていたのであった。彼は日本に戻ってからもミシガン大学への留学を奨励し、日本でのミシガン大学同窓会設立の中心人物でもあり、終生母校への愛校心を忘れていなかった。孫のオノ・ヨーコが世界で一番有名な日本人になろうとは、想像もしていなかったであろうが。



外山や小野が築き上げた日米の友好関係も、第二次大戦が始まると厳しい局面を迎える。アンアーバーには米国陸軍の日本語教育学校が作られ、アメリカ人軍事関係者の多くがここで日本語を学んで、太平洋戦線及び占領下の日本へ飛び立っていった。この日本語教育学校で日本語を教えていたのは、ジョセフ・K・ヤマギワ教授などの日系アメリカ人たちであった。彼らの多くは日系人強制収容所から連れてこられた人たちで、授業中は先生でも、敵国日本への反感が広がるアメリカ社会の中で、授業が終わると自由に外で映画を見に行くこともはばかられるような状況におかれていたという。コニシが注目するような「敗者」「犯罪者」扱いされた者たちの歴史がここにも息づいていたのである。

戦後になると、ミシガン大学は日本研究の中心的な大学となる。日本語教育学校があり、ヤマギワが東方研究プログラムを作っていたこともあるが、非常に重要なのがロバート・B・ホール教授の存在である。ホールは日米関係に重要な役割を果たした社会科学者で、マッカーサー元帥と親交が深く、戦中は中国大陸での政治工作に、そして戦後は日本の占領政策にも深く関わった人であった。彼は新しい発想と政治力を持ち合わせた研究者であり、その広範な人的ネットワークを駆使して、一九四七年に北米初の日本研究センターをミシガン大学に設立した。言語学習から、社会科学理論の習得、そしてフィールドワークというエリア・スタディーズの理想の形はここで形作られ、多くの日本研究者が巣立っていった。中でも米国での日本研究の発展にとって重要であったのが、岡山フィールドステーションの設置であった。

これは、日本研究センター初期の最も野心的なプロジェクトで、戦後間もない一九五〇年に多くのアメリカの日本研究者を岡山に連れてくることとなった。ミシガン大学の教授陣や学生だけでなく、他大学のメンバーもここで長期的なフィールドワークを行い、日本社会の研究を深めていった。物資の不足、本国との通信の不備などの苦労はありつつも、彼らは地元岡山の人々と良好な関係を築き、日本の農村・山村・漁村社会の研究の古典とも言える研究業績をいくつも出した。そうした日本研究への貢献に加えて、戦後間もない日本で多くのアメリカ人が日常的に日本人と民間交流を続けたことは、「勝者」「敗者」を超えた相互理解の可能性を身を以て示した事例でもあった。

岡山フィールドステーションの活動が盛り上がりを見せていた一九五三年には、平成の天皇が皇太子としてミシガン大学を訪れている。歴史の偶然であろうか、一九七四年に米国大統領として初めて日本を訪問したのはミシガン大学出身のフォード大統領であり、翌一九七五年に昭和天皇が終戦三〇年の年にアメリカを初訪問した時に迎え入れたのもフォード大統領であった。



一九八〇年代に入って日米貿易摩擦が深刻な局面を迎えると、デトロイトに近いミシガン大学に所属する日本研究者は、ビッグ3をはじめとする自動車業界関係者から、日本の自動車産業に関する知識を求められるようになる。これを受けて、一九八〇年代には毎年日米自動車会議が開かれ、日米自動車業界の大物たちが政治家や研究者と共に議論を交えることになる。ここでの交流が、激しい貿易摩擦の中、業界のリーダーたちの関係を多少は穏やかにし、日本の自動車産業のアメリカへの工場進出などの新たな展開にも貢献したといわれる。また、この時期以降、アメリカの企業が日本のマネージメントスタイルやものづくりの技術を学ぶ動きが現れ、トヨタ・ウェイやクオリティー・コントロールなどのバズワードがアメリカのビジネス業界を席巻する。明治期にアメリカから多くの技術や知識を輸入した日本が、今度はアメリカに新しいビジネスモデルを輸出する側に立ったのである。外山や小野がこの状況を見たら、いかに感動したことであろうか。

このような日米交流の歴史を取り持ってきたミシガン大学で、現在、ホール教授から数えて一九人目の日本研究センター所長を日本人の私が務めていることは感慨深い。しかも、私が教授を務めている学部は外山正一が学んだ社会学である。小野英二郎が二〇世紀初頭に作ったミシガン大学同窓会は、現在もその活動を続けており、毎年の同窓会の集まりでは、私も日本研究センター所長として挨拶をさせてもらう。二〇一八年六月には、彬子女王をミシガン大学にお迎えしたが、これは明仁皇太子以来の皇室からの訪問であった。岡山フィールドステーションのことは岡山では広く記憶されており、その縁で岡山大学との交流も昨年来深まっており、先方の創立七〇周年記念行事への参加も決まっている。二〇一九年三月には日米自動車会議2・0が開催され、自動車業界および政・官・学界のリーダーたちが一堂に会した。このように日米交流の中心にいられるのも先人たちの不断の努力によるものと肝に銘じて、あらゆるレベルでの知的・人的交流を次の世代へ向けて支えていかなければと襟を正すこの頃である。

筒井清輝(Kiyoteru Tsutsui)
1971年生まれ。京都大学文学部卒業。スタンフォード大学にて博士(社会学)取得。ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校助教授、ミシガン大学社会学部助教授、准教授等を経て、現在ミシガン大学社会学部教授、日本研究センター所長、ドニア人権センター所長。専門は、国際・政治社会学、比較・歴史社会学など。主な著書に"Rights Make Might : Global Human Right s and Minority Social Movements in Japan"(Oxford University Press)など。

当記事は「アステイオン90」からの転載記事です。



『アステイオン90』
 特集「国家の再定義――立憲制130年」
 公益財団法人サントリー文化財団
 アステイオン編集委員会 編
 CCCメディアハウス




筒井清輝(ミシガン大学日本研究センター所長)※アステイオン90より転載

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング