パリ北駅のピアノから始まったある天才の成長物語

ニューズウィーク日本版 / 2019年9月27日 16時30分

<クラシック音楽を愛する監督の思いが詰まった『パリに見出されたピアニスト』>

楽器もできず楽譜さえ読めないが、とにかくクラシック音楽を愛してやまないというルドビク・ベルナール監督。彼の思いが結実した映画が『パリに見出されたピアニスト』だ。

主人公はピアノが好きで天賦(てんぷ)の才を持ちながら、恵まれた環境になく荒れた生活を送っている青年マチュー(ジュール・ベンシェトリ)。ある出会いを機に、多くの壁にぶつかりながら本物のピアニストになっていく。

映画の冒頭、パリの北駅の雑踏の中で「ご自由に演奏を!」と書かれたピアノをマチューが一心に弾いている。パリ国立高等音楽院のディレクターであるピエール(ランベール・ウィルソン)が驚いたように耳を傾けているが、演奏を終えたマチューは警官に追い掛けられ......。

ベルナールの実体験から生まれた場面だ。「クラシック音楽を題材に脚本を書きたいとずっと思っていたが、切り口を思い付かないまま時が過ぎていた。そんなある日、パリのベルシー駅に置かれたピアノを若い男性が弾いているところに出くわした。驚くほど素晴らしいショパンのソナタで、これは映画の冒頭になる! と直感したんだ。それから電車に乗って2時間くらいで物語の骨格を書き上げた」と、彼は本誌に語る。

これはマチューの成長を描くと同時に、あらゆる対比――富める者と貧しい者、才能と努力、クラシックとラップ、音楽界の伝統と改革――を映し出す物語でもある。その1つの要素が、マチューが暮らすパリ郊外の低所得地帯「バンリュー」。この地区を初めて正面から取り上げたのはマチュー・カソビッツ監督の『憎しみ』だが(ベルナールはこの作品で助監督を務めた)、20年以上たっても貧困や格差の象徴として存在すると改めて感じさせる。

マチューを演じた新鋭ベンシェトリは、名優ジャンルイ・トランティニャンの孫でもある。「80人ほどオーディションをしたが彼に会った瞬間、マチューだと思った」とベルナール。無口で穏やかだが粗野な部分も持つ、矛盾を抱えるようなところに引かれたという。ピアノの経験はなかったベンシェトリだが、数カ月かけて指の動きや感情表現を身に付けていった。

それぞれの名曲の意味

そんな彼が奏でるショパンの「ワルツ 第3番 イ短調」やリストの「ハンガリー狂詩曲 第2番」といった名曲もこの作品の大切な「登場人物」だ。



ルドビク・ベルナール監督

ベルナールいわく、ショパンには誰もが恋してしまう素晴らしさがあり、リストはわずかな狂気と穏やかさを併せ持つ。映画の冒頭のバッハは、スピードと常軌を逸した感じを表現している。「そしてやはり最後は、ラフマニノフの『ピアノ協奏曲第2番』。最高の難易度で、彼がこれを完成させたときの(自信喪失と神経衰弱の克服という)境遇も含め、多くのことを語る曲だ。そんなそれぞれの曲の意味を考えながら、映画の中のふさわしい居場所を考えた」

マチューを見いだし、導くのはピエールだが、実はもっと大きな存在がいる。幼いマチューにピアノを教えてくれたジャック先生だ(ちなみにベルナールにとってのジャックは、何度かその下で助監督を務めたリュック・ベッソン監督だという)。

映画を見た人は、幼い頃に胸を躍らせたもの、自分の中に今も大切に残っている何かについても思いを巡らせるのでは。

IN YOUR HANDS
『パリに見出されたピアニスト』
監督・脚本╱ルドビク・ベルナール
主演╱ジュール・ベンシェトリ、ランベール・ウィルソン
日本公開は9月27日

<本誌2019年10月1日号掲載>

【関連記事】対照的な黒人と白人の旅が、時を超えて、歴史を拭い去る『グリーンブック』
【関連記事】泣けて笑える『オーケストラ!』の人生讃歌


※10月1日号(9月25日発売)は、「2020 サバイバル日本戦略」特集。トランプ、プーチン、習近平、文在寅、金正恩......。世界は悪意と謀略だらけ。「カモネギ」日本が、仁義なき国際社会を生き抜くために知っておくべき7つのトリセツを提案する国際情勢特集です。河東哲夫(外交アナリスト)、シーラ・スミス(米外交問題評議会・日本研究員)、阿南友亮(東北大学法学研究科教授)、宮家邦彦(キヤノングローバル戦略研究所研究主幹)らが寄稿。







大橋希(本誌記者)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング