新しょうがで夏のドリンク

NHKテキストビュー / 2020年8月7日 17時0分

新しょうがは、みずみずしくて辛み穏やか、香りよし。料理研究家の山脇りこさんが、新しょうがをドリンクの素(もと)にしてくれました。しょうがは体を温めたり、免疫力をアップしたりなど、体に有益な成分が豊富です。

* * *

毎年、新しょうがが出始める初夏になると、お酒に漬けたり、シロップやジャムにしてストックしています。炭酸水などで割って、暑い日にゴクゴク飲むと最高です。しょうが酒は長期保存が利くので、冬は冷え対策に、お湯割りにして就寝前に飲むのが習慣です(山脇さん)。

■しょうが酒

新しょうがのすがすがしい香りを、ジンにじっくりと移します。新しょうがは塩もみして余分な水分を出してから漬けるのがコツ。風味が濃く出て、香りよく仕上がります。

■ジンジャーシロップ

炭酸水で割ると、ジンジャーエールに。しょうがの風味が濃厚で、パンチのある味わいです。
※つくり方、活用法はテキストに掲載しています。
■『NHKきょうの料理ビギナーズ』2020年7月号より

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング