1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

色で見る タマネギの種類と用途

NHKテキストビュー / 2021年11月11日 17時0分

色で分けると、タマネギには黄タマネギ、赤タマネギ、白タマネギがあります。色ごとの特徴や用途を見てみましょう。

* * *


■黄タマネギ

生産・流通の主流で、それだけに極早生から晩生まで最も多くの品種がある。極早生の品種は生でおいしく、晩生の品種は日もちする。とれたては「新タマネギ」「サラダタマネギ」などとして売られることも。
16501102021_p011_01

■赤タマネギ

1年を通してサラダの彩りに重宝されることから、さまざまな早晩性の品種がある。極早生や早生の品種は甘いが、晩生の品種は辛いので、生で食べるなら水にさらすとよい。晩生の品種は、貯蔵性に優れる。
16501102021_p011_02

■白タマネギ

早春に、「新タマネギ」「サラダタマネギ」として販売される。極早生と早生の品種が主流なので、みずみずしくて甘く、生食がおすすめ。日もちはしないので、収穫後は早めに食べるとよい。葉タマネギにも向く。
16501102021_p011_03
■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2021年10・11月号より

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください