1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

達人のれんこん使い

NHKテキストビュー / 2021年10月18日 0時0分

予約の絶えない日本料理店を切り盛りする林 亮平(はやし・りょうへい)さんと、料理研究家として引く手あまたの渡辺麻紀(わたなべ・まき)さん。達人お2人に、日ごろ実践しているれんこん使いの技を教えていただきました。

* * *


■すりおろしてみそ汁に

具なしのみそ汁にすりおろしたれんこんを加えて、すり流し風に。とろみがあって腹もちがよく、体も温まるので、朝食にうってつけです。ねぎの小口切りなどを添えても。(林さん)
06461102021_p020_01

■水に浸して保存

ついつい買いすぎてしまったれんこん、どうやって保存したらいいか悩みますよね。私のおすすめは、ズバリ、水に浸しておくことです。保存容器や瓶にれんこんを入れて、水を注いでふたをします。冷蔵庫に入れておけば2週間はもちます。節ごとでも、切ったものでも大丈夫。れんこんから粘りが出るので、水は1日おきにかえるようにしましょう。切り口を薄く落とせば、きれいな面を使うことができますよ。(渡辺さん)
06461102021_p020_02
■『NHKきょうの料理』2021年10月号より

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング