1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

カーブする枝がかっこイイ! フィカスと暮らそう

NHKテキストビュー / 2021年11月28日 17時0分

フィカスは生命力が強く、育てるほどに愛着が深まる植物です。枝を曲げて自分好みに仕立てたり、サイズを保って好きなところに置いたり。熱帯植物栽培家の杉山拓巳(すぎやま・たくみ)さんに、その魅力を教えてもらいました。

* * *


■フィカスって?

フィカスというよりもゴムノキの仲間、というほうがおなじみかもしれません。フィカスはクワ科イチジク属の植物で、食用イチジクのような果実をつけます。イチジク同様、フィカスの花は果実の中にあり、枝や茎から花弁が開く姿は見られません。
園芸ビギナーにうれしいのは、丈夫で室内でも育てやすいこと。また、葉の色や形を楽しむもの、幹の色や株元がふくらんだ独特の株姿のものなど、自分好みのタイプを選べることも魅力です。

■枝を曲げてオブジェのように

しなやかなフィカスの枝を針金で曲げると、個性的でかっこイイ姿に変身。部屋に盆栽のような雰囲気をもたらします。どの種類も曲げて楽しむことはできますが、初めてなら写真のフランスゴムノキが曲げやすくておすすめです。
コツは山の字にした針金を使うこと、まだ柔らかく若い木(1〜2年物)を使って節と節の間を曲げること。そして、曲げるときはためらわないことです。曲げるときはドキドキワクワク! ぜひチャレンジしてみてください。
06457112021_p110_01


※タイプ別の品種の選び方、枝の曲げ方はテキストに掲載しています。
■『NHK趣味の園芸』2021年11月号より

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください