NHKが初音ミク特集、ニコ動で「フカヨミ」創作の連鎖が進行中

ニコニコニュース / 2012年2月6日 19時43分

初音ミク初期のヒット曲「【初音ミク】みくみくにしてあげる♪【してやんよ】」

 NHKで2012年2月4日に放送された「週刊ニュース深読み」での初音ミクの特集が、ネット上で話題になっている。番組がボーカロイドプロデューサーの「八王子P」さんに依頼して作った番組オリジナル曲『フカヨミ feat. 初音ミク』は、さっそく数多くの派生作品が作られ、ニコニコ動画で公開されている。

 番組では「今なぜ世界で人気? ニッポンの"歌姫"」というテーマで、往年の名曲が欧米でヒットしている由紀さおりさんとともに、初音ミクを特集した。初期のヒット曲である「【初音ミク】みくみくにしてあげる♪【してやんよ】」を例にしながら、ニコニコ動画で楽曲が公開されると、それを見た人がプロモーションビデオや3Dの映像、振り付けのある"踊ってみた"などを投稿するといったように、創作の連鎖が生まれたと紹介。さらにそれを見た海外の人たちが、"踊ってみた"動画や"演奏してみた"動画をYouTubeに投稿したことで、初音ミクの人気が世界中に広がっていると紹介した。

 さらに、番組では"ボカロ界の貴公子"こと八王子Pさんによる、初音ミクを使ったオリジナル曲『フカヨミ feat. 初音ミク』を制作し、ニコニコ動画とYouTubeに公開した。

 すると、NHKを見ていたニコニコ動画のユーザーが素早く反応。番組が終わった2時間後には『フカヨミ』のオルゴールバージョンが登場し、週末には"歌ってみた"や"踊ってみた"、元動画の初音ミクのイラストを動かした映像や3Dモデルの初音ミクを使った動画など、数多くのプロモーションビデオがニコニコ動画に投稿された。

 『フカヨミ feat. 初音ミク』のコンテンツツリーを見ると2日間で20件の子作品が生まれており、創作の連鎖が生まれている様子をリアルタイムで見ることができる。

 なお、番組内で出演者が発言した「もしかしたら初音ミクはネギではなく、アスパラガスを持っていたかもしれない」という言葉に触発され、初音ミクがアスパラガスを振る映像や、グリーンアスパラの3Dモデルも公開されている。こういった、何気ない一言から新しい作品が次々と生まれてくるのも、ニコニコ動画の特徴の1つと言えるだろう。

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送] 『フカヨミ feat. 初音ミク』を視聴する - 会員登録が必要
http://www.nicovideo.jp/watch/1328269088

(永井美智子)



【関連ニュース】

ニコニコニュース

トピックスRSS

ランキング