「メッセージよりもスタイルが大事」 若者たちの"お祭りデモ"とは 愛知淑徳大・伊藤昌亮准教授<インタビュー「3.11」第4回>

ニコニコニュース / 2012年3月4日 11時20分

愛知淑徳大学メディアプロデュース学部の伊藤昌亮准教授

 東北地方に甚大な被害をもたらしただけにとどまらず、全国に大きな影響を及ぼした東日本大震災から、2012年3月11日で1年となる。東京電力福島第1原発の事故をはじめとした問題の多くは未だ解決しておらず、震災前と震災後とでは、ライフスタイルから精神面までも変化したようにさえ思える。

 その「変化」の中でも目立つことの一つとして、原発再稼働反対や原発廃止を訴える「脱原発デモ」が活発な現状が挙げられるのではないだろうか。Twitterなどのソーシャルメディアを介して呼び掛けられるデモには若者も多く集まり、大音量のサウンドを流しながらパフォーマンスをする「サウンドデモ」などの新しい形態でも注目された。

 日本の未来を担う若者たちは、新しいデモに参加することで何を目指し、何を得て、どこに向かおうとしているのか。『デジタルメディア論』や『文化運動論』などを専門にしている愛知淑徳大学メディアプロデュース学部の伊藤昌亮准教授に「若者とデモ」について聞いた。

・東日本大震災 3.11 特集
http://ch.nicovideo.jp/channel/311

(聞き手:古川仁美)

■新しいデモはメッセージを伝えることが目的ではない!?

――まずは、東日本大震災及び福島第1原発事故以降に起こった「脱原発デモ」の概要と特徴を教えてください。

 最初は、2011年4月10日に東京・高円寺で1万5千人が集まるデモが起きました。3月の終わりに『素人の乱』(高円寺を中心に展開しているリサイクルショップや飲み屋などの店名)の松本哉氏が「デモをやろう」と提案し、その情報がTwitter上で流れ、それが日ごとに増えていきました。4月に入ったところで、Tumblr(タンブラー、ミニブログサービスの一種)でサイトが作成され、賛同者を集めました。つまりTwitterによる「拡散」とTumblrによる「集積」ですね。ネット戦略がうまかったんでしょう。

 こうして、高円寺で「新しいデモの形」が成立しました。その後、同じく『素人の乱』主催で5月に渋谷、6月に新宿でデモがありました。ともに若者が中心の、一種の野外ライブのような「サウンドデモ」という新しい形のデモですね。

 このようないわゆる「お祭りデモ」の系譜自体は、もともと1990年代のイギリスあたりからあったんですが、今回はソーシャルメディアを効率的に使った点で集客力がすごかったんでしょう。今までのデモでは、団結させる人が存在して、人々は「モビリゼーション(動員)」されることによって参加していました。だけど、今のデモは「コラボレーション(合作)」なんですね。立ち上げられたサイトに色々な情報が集積していくのと同じように、人々はデモの現場にも色々なものを持ち寄って、コラボレートして、一種の表現活動をしているんです。

ニコニコニュース

トピックスRSS

ランキング