世界チャンピオンなのに「職務質問された」 WBC・スーパーフライ級新王者・佐藤洋太

ニコニコニュース / 2012年3月28日 21時36分

WBC・スーパーフライ級の新チャンピオン・佐藤洋太選手

 WBC・スーパーフライ級タイトルマッチが2012年3月27日、東京・後楽園ホールで行われ、協栄ジム所属の佐藤洋太選手(協栄)が王者のスリヤン・ソールンビサイ選手(タイ)を3-0の判定勝ちで下して、王座を獲得した。翌28日には東京都内の協栄ボクシングジムで、新王者となった佐藤選手の記者会見が開かれ、その模様がニコニコ生放送で中継された。

・[ニコニコ生放送]新王者・佐藤選手の記者会見の冒頭から視聴 - 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv87012838?po=newsinfoseek&ref=news#-0:44

 会見には佐藤選手、協栄ジム・金平桂一郎会長、新井史朗トレーナーの3人が出席。佐藤選手は冒頭、

「朝起きて夢なんじゃないかと、(頬をつねる仕草をしながら)こんな寒いことをしていたんですけど(笑)。携帯電話を見たら、たくさんの方から祝福のメールを貰っていて。新聞を見て、会見をさせていただいて、今ようやく実感が湧いてきています」

と話し、喜びを噛み締めた。

 出席した記者からの「子供の頃からの夢が叶いましたね」との質問に対して、佐藤選手は「何回も諦めそうに――実際に一度、ボクシングを辞めていますし――諦めたこともあったんですけど、やってきてよかったと思います」と返答。また、佐藤選手は東日本大震災の被災地となった釜石市の出身でもあり、「お前が戦っている姿が東北に勇気を与えているよ」と知人からメールが届いていたことを明かし、「嬉しかったです。自分が力を与えているんだなって。これからもっとそういう(勇気を与えられる)人を増やしていけたら・・・そういう気持ちで戦っていこうと思います」と力強く語った。

 はにかみながら質問に答える佐藤選手とは対照的に、同席した金平会長は、父である金平正紀・前会長の命日の3月27日に協栄ジムから世界チャンピオンが誕生したということもあって、終始満面の笑み。実際にニコニコ生放送で中継をしているパソコンの画面を佐藤選手に見せながら、視聴者からの質問コメントを受け付けるというサービス精神を見せる一幕もあった。

・[ニコニコ生放送]視聴者の質問コメントに答える佐藤選手から視聴 - 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv87012838?po=newsinfoseek&ref=news#26:36

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ニコニコニュース

トピックスRSS

ランキング