「ツイッターは首長向き」熊谷俊人・千葉市長が明かすネット活用術

ニコニコニュース / 2012年6月15日 14時12分

熊谷俊人・千葉市長

 今年4月3日、時事通信が驚くべき記事を配信した。「千葉で『ヨウ素10兆ベクレル』未公表=昨年3月、世界版SPEEDI試算」というタイトルで、千葉市内で毎時10兆ベクレルという極めて高い数値のヨウ素が検出されたと報じるものだった。

 これは事実ではなく、完全に誤った内容だった。時事通信はすぐに記事を修正したが、すでに時遅し。ネット上では「千葉で放射能汚染か」と、デマ情報が拡散していた。そんなとき、冷静に「待った」をかけたのは、千葉市長の熊谷俊人氏だった。熊谷氏は、その日のうちにツイッターで「事実確認をしたら、千葉市の計測値を元に原発の放出量総量を推定すると10兆ベクレルということだったようで最初の記事が相当誤っていたようです」と記事の間違いを指摘。「時事通信から訂正・お詫び記事を配信して頂きました」と報告した。

 こうした熊谷氏の情報発信について、ネット上では「千葉市長しっかりしている」「冷静にやっている姿は素晴らしい」などの声が相次いだ。熊谷氏は34歳。NTTコミュニケーションズを退社後、千葉市議を経て、2009年に現役最年少市長となった。IT企業で培ったネットスキルを生かして、普段からブログやツイッターで市民との会話を積極的に続けてきた熊谷氏に「ネットと市政」がどうあるべきか聞いてみた。

(聞き手・山下剛)

■「市政だより」の情報が届いていなかった

――ツイッターを積極的に市政に生かしていますが、ツイッターを使うようになったきっかけは何ですか?

 2年ほど前に、知人から薦められたのがきっかけです。私は以前からブログをやっているのですが、コメントを書いてくれる人はとても少ない。しかしツイッターだと返事がすぐに来ます。140字という文字制限もあってか、脊髄反射的にコメントを返せるメディアだと思いました。

 私はツイッターを、広報手段であると同時に広聴、つまり検討中の施策をそれとなくツイートすることで市民の反応を確かめることもできる「即席アンケートツール」のように使っています。もちろん一部の方たちの反応ではあるのですが、それでも非常に便利なツールですね。

――ツイッターを使って、市民との対話会も行っていますね。

 年に2回開催しています。そもそもリアルの対話会をこれまでも実施していて、市民の方々と顔を合わせて直接意見を交換し合う機会を設けてきました。ツイッター対話会は、それと同じテーマでやっています。スケジュールの都合などで対話会に来られない、またはそもそも来ない人たちの意見を知ることが狙いです。

ニコニコニュース

トピックスRSS

ランキング