「またやってね!」「泣かせないで」 夕刊ニコニコニュース「休刊」を惜しむ声

ニコニコニュース / 2012年7月31日 21時20分

お別れのあいさつをする野口香織キャスター(左)と、吉野智子キャスター

 「またお会いできる日を楽しみにしています」。番組の最後、野口香織キャスターと吉野智子キャスターが、視聴者に向かって別れのあいさつをすると、「明日からなにを楽しみにしたら・・・・・」「ヽ(`Д´)ノウワァァァン!!」「またやってね!」「泣かせないで」と、怒涛のようなコメントがユーザーから寄せられ、画面が埋め尽くされた。2012年7月31日、休止することになった「夕刊ニコニコニュース」のラストシーンだ。

・[ニコニコ生放送]『夕刊ニコニコニュース』7月31日版(15分間) - 会員登録が必要(無料)
http://live.nicovideo.jp/watch/lv100899225?po=newsinfoseek&ref=news

 夕刊ニコニコニュースは、5月14日から始まったデイリーのニュース番組。毎週月曜日から金曜日まで、ニコニコニュース編集部の特設スタジオから送る15分間の生放送番組だった。niconicoのニュースサイト「ニコニコニュース」に配信された記事の中から選りすぐりのものを、吉野智子キャスター(月・水・金)と野口香織キャスター(火・木)の二人が日替わりで紹介していた。

 翌日から休止ということで、この日は吉野キャスターと野口キャスターがそろってスタジオに入り、二人でニュースを読み上げるという特別編成で放送した。通常15分の枠をこの日に限っては6分ほど延長。これまでの放送の名場面・珍場面のVTRを見ながら、二人で振り返った。吉野キャスターは「私たちだけでなく、ユーザーのみなさんと一緒に番組を作っていけて、ありがたかったです」と視聴者に感謝の言葉を述べた。野口キャスターも「ときには真面目なコメントしていただり、ときには面白おかしく叱咤激励をしていただきました」と感慨深く話した。

 番組の最後にはニコニコニュースのスタッフがみんなで手を振って、カメラの向こうにいるニコニコ生放送のユーザーに向けて別れのあいさつをした。

「おつかれさまでした」
「また会えるよね」
「どうもありがとう!」

と、次々に寄せられて絶えることのないユーザーのコメント。この日の放送は、全コメント数を2万を超えるという新記録だった。

■2012年7月31日放送分の番組で採り上げたニュース

 この日の夕刊ニコニコニュースでは、この話題以外にも、「競泳100メートルで0・22秒早くなる「究極のゴーグル」日本選手も使用」(J-CAST)の話題や、「"初音ミクまん"など正式発表、ファミマがオリジナルグッズ26種類」(ナリナリドットコム)などのニュースが紹介された。
 
■きょうの「かため」ニュース

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ニコニコニュース

トピックスRSS

ランキング