「誰の犠牲もなく、すぐ脱原発できるのか」 ジャーナリスト・評論家、武田徹さん<「どうする?原発」インタビュー第3回>

ニコニコニュース / 2012年8月11日 16時21分

ジャーナリスト・評論家の武田徹さん

 脱原発デモに集った群衆が、毎週のように首相官邸前に押し寄せる。彼らの掛け声は、「再稼働反対」だ。2011年3月の東日本大震災では、福島第一原発の原子炉でメルトダウンが発生した。それ以降、日本の原子力発電所は震災の影響や、定期検査などで運転停止していたが、2012年7月、電力不足を補うために政府は関西電力・大飯(おおい)発電所の原子炉を再稼働させた。それに抗議する人々が、まるで50年前の安保闘争を想起させるような勢いでデモを行っているのだ。

 震災前には、日本の発電量の約3割を占めていた原子力。1960年代に茨城県東海村の東海発電所を皮切りに、日本全国に次々と原発が建設された。子ども向けアニメに出てくるロボットとして今も親しまれている「鉄腕アトム」と「ドラえもん」。彼らの動力源は原子力だった。原子力は人類の未来を照らす夢のテクノロジーと見られていた時代もあったのに、今は放射線物質をまき散らすとして忌み嫌われる存在になってしまった。

 一体、なぜ日本は原子力発電にまい進したのか。燃え広がる「脱原発」の動きと、どう向かい合えばいいのか・・・。数々の疑問を抱える中、一冊の本に出会った。『私たちはこうして「原発大国」を選んだ』(中公新書ラクレ)だ。ジャーナリスト・評論家で恵泉女学園大学教授の武田徹さんが震災後に出した原発論だ。

 この本は、もともと震災前の2002年に書かれたものが元になっている。『「核」論―鉄腕アトムと原発事故のあいだ』というタイトルで、日本の原子力開発の歴史を、それこそ「鉄腕アトムの原子炉は何を意味しているのか?」というサブカルチャーの視点まで巻き込みながら書いた意欲作だった。原発推進派と反対派の、それぞれの主張を丹念に追いながらも、どちらの立場にもくみしない。一歩ひいた立場から、原子力政策の再検討を訴えて書かれた本だった。

 しかし、日本人は福島第一原発の事故を未然に防ぐことはできなかった。『私たちはこうして「原発大国」を選んだ』のまえがきで、武田さんは次のように書いている。

<こうして『「核」論』ではハンタイ、スイシンの違いを超えて核=原発論に入れる入口を多く用意し、原子力をめぐる膠着した状況を打開できないか工夫しました。しかし、皮肉なことに東日本大震災の後に、ふたたび「歴史」は繰り返されました。多くのジャーナリストはスイシン派とハンタイ派の対立構造に陥ったのです。>

ニコニコニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング