佐賀愛あふれる 動画「【実写版】ぼくのなつやすみ」<うp主インタビュー第5回>

ニコニコニュース / 2012年10月1日 18時45分

「ぼくらのクワガタ取りは身体ひとつ」とのこと

 「動画アワード2011(夏)」のグランプリを受賞した『【実写版】ぼくのなつやすみ(佐賀)』。うp主である「よーらい」さん(30)とその仲間たちが森の中へ分け入って、クワガタを探したり、川で釣りをする様子などを、プレイステーション用ソフト『ぼくのなつやすみ』へのオマージュたっぷりに編集した動画だ。子どものころ、田舎で無邪気にはしゃいだ夏休みをふと思い出させてくれるようなノスタルジックな内容は、「大人にこそ見てほしい動画」と高い評価を受けた。2012年8月5日に開かれた『ニコニコ町会議 in 佐賀県・呼子町(よぶこちょう)』にも参加した「よーらい」さんは、生まれてからほとんどの時間を佐賀県で過ごしてきた。そんな彼に、地元に対する想いやニコニコ動画が地方にもたらす可能性などを語ってもらった。

・[ニコニコ動画]【実写版】ぼくのなつやすみ(佐賀) part1 - 会員登録せずに視聴可能です
http://blog.nicovideo.jp/award/2012/10/post-3.html#sm15067371

■「身近な場所にも面白いところはたくさんあると考えるきっかけになれば」

――動画アワード2011(夏)で、グランプリを受賞した『【実写版】ぼくのなつやすみ(佐賀)』の制作経緯をお聞かせください。

 2011年の夏ごろ、ニコニコ動画で24時間生放送が流行っていて、自分もそれに挑戦してみようと思ったんです。でも、何もネタなしにただ話をするだけで24時間を乗り切るのは難しいかな、と。そこで子どものころから毎年やっていたクワガタ採りの様子を撮影・編集して、放送中に流すことで尺稼ぎに使おうと考えたんです。それなりに力を入れて作っていくうちに、生放送で一回流すだけは少しもったいない気がして、動画として投稿することに。むしろ途中から動画編集の方が楽しくなってしまい、そっちに集中するあまり、結局、生放送はしませんでしたが(笑)。

――グランプリを受賞した時の気持ちをお聞かせください。

 『【実写版】ぼくのなつやすみ(佐賀)』にも登場していたメンバー3人でアワードの生放送を見ていました。グランプリを取った瞬間は、少し興奮して声を荒げちゃいました。クワガタ採りって、なんとなく見てしまうところがありますよね。男のロマンというか。題材も良かったのかもしれない。あと、タイトルが『動画アワード2011(夏)』で、その言葉自体は投稿期間を指すものですけど、本当に夏に関する動画がアワードを取るっていうのは、なんだか面白かったです。

ニコニコニュース

トピックスRSS

ランキング