超会議2出展企業がプレゼンバトル "おでこ習字"で1,000万円広告枠獲得

ニコニコニュース / 2013年4月24日 17時50分

ニコニコニュース

 マイクロソフトにグリー、メイドカフェに肉の万世。4月27・28日のニコニコ超会議2では、様々な企業のブース出展が決定している。そんな超会議2も間近に迫る2013年4月23日に、六本木のニコファーレに出展企業が集結して、生放送が行われた。会場では、"だいたい"1,000万円の広告枠をめぐり、プレゼンバトルが開催。熱い戦いが繰り広げられた。

 ニコニコ超会議2が4日前に迫った、2013年4月23日。六本木のニコファーレでは「超会議2特番~出展企業が威信をかけて激突!企業ブースプレゼンバトル編~」と称した、生放送がおこなわれた。

 その内容は、超会議2に出展する各企業がブースの見どころをプレゼンし、トーナメント方式で競い合うというもの。優勝した企業はニコニコ動画における"だいたい"1,000万円分の広告枠を得られるという。バトル前に行われたこの発表には、参加者から歓声があがった。

 今回、参加した企業は、マイクロソフトなどのソフトウェア企業から、アニメ制作会社やメイドカフェ、さらには肉の万世までと、バラエティ豊かな総勢26社。トーナメントは、「知力・体力・時の運」をテーマにしており、まずは「知力」の競い合い、すなわち30秒間のプレゼンバトルから始まった。

■ 優勝を決めたのはジークレスト

 AブロックからFブロック、それぞれ6ブロックに分かれて、各社の代表たちが思い思いのアピールを行っていく。トークと内容で堅実にアピールするグリーやピザーラなどに対し、KYORAKU吉本. ホールディングスやカプコンなどは、「カイジ」のモノマネやモンスターハンターのコスプレなど、インパクト重視で挑んでいく。白熱するプレゼンに、ドワンゴ取締役・夏野剛氏やMCを務めるタレントの松嶋初音さんからは、「ダメですよ!時間オーバーです!」というツッコミが飛ぶ一幕もあった。

 ユーザーの投票によりふるいをかけられた結果、セミファイナルまで残ったのは、わずか6社。次に試されたのは、「体力」である。ここでは、腰や頭に万歩計をつけてカウント数にて競い合う「万歩計フリフリ!!」なるゲームが行われ、ファイナルに進む2社が選ばれた。勝ち残ったのは、コラボ商品「超からあげクン」を会場で発売するローソンと、「デコラージュ」(http://www.gcrest.com/social-application/decollage.html)というイラストアプリの宣伝で出展するジークレスト(http://www.gcrest.com/index.html)であった。

ニコニコニュース

トピックスRSS

ランキング