霜降り明星せいや・下半身露出は他人事じゃない!? Zoom事故のリスクを考えてみる【話者:久田将義、吉田豪】

ニコニコニュース / 2020年7月15日 11時0分

 お笑いコンビ「霜降り明星」のせいや氏が、SNSで知り合った女性に会議ソフトのZoomを使用して下半身を見せるなどの行為をしていたことが発覚した。

 久田将義氏吉田豪氏は自身がパーソナリティをつとめるニコニコ生放送「久田将義と吉田豪の噂のワイドショー」において、この話題に言及。

 6月19日に放送されたラジオ『霜降り明星のオールナイトニッポン0』で2時間ボケ倒したことが美談にされていることについて、吉田氏は「正直ボクは聞いていて絶賛するほどでもなかった」とバッサリ。また同様に爆笑問題の太田光氏が「笑いで全然跳ね返せてねえよ」「言えることないから、ただボケ続けただけじゃねえか」と厳しいコメントをしたことも明かした。

※本記事はニコニコ生放送での出演者の発言を書き起こしたものであり、公開にあたり最低限の編集をしています。

―あわせて読みたい―

幻冬舎・箕輪氏は社長の言いなり“自称天才編集者”? セクハラ・ギャラ未払い騒動について「はっきり言って気持ち悪い」とバッサリ【話者:吉田豪・久田将義・掟ポルシェ】

外出自粛でアイドル業界が絶体絶命! AKB、坂道G、地下アイドル…握手会ビジネスに頼り過ぎた業界の未来を吉田豪・久田将義が憂う


Zoomは誰が潜んでいるかわからない

左から 吉田豪氏@WORLDJAPAN)、 久田将義氏@masayoshih)。

吉田:
 この前、オンラインで「やついフェス」っていうイベントがあったんですけど、ファンの人もZoomで参加できるシステムなんです。報じられていないんですが、ファンが股間を出す騒動があったっぽいです(笑)。やっぱZoom怖いですね。何をやるヤツが潜んでいるかわからない。

久田:
 俺、ジャルジャルのコントをYouTubeを見てて、「Zoomの窓にいろいろな人が出て、変なヤツがたまに混じってる」っていうネタがあって、そんな感じなのかなと思った。

吉田:
 最初からZoomには、そういう危険性があるって言われてましたもんね。Zoom会議をやるってオープンにしていると、変なヤツが紛れ込んでいきなり性器を出したりするって。

霜降りせいや、仕事への影響は?

吉田:
 せいやさんは子ども番組やアイドル番組をやっているから、弊害はあるじゃないですか。こういうのって結局、仕事の方向性の問題なんですよね。

久田:
 確かにね。

吉田:
 子供番組は降りてもアイドル番組は続けるわけだから、なんとなく、視聴者は今回のことを念頭に置いて見るようになっちゃうっていう気まずさはあるけど。

久田:
 気まずさはあるけど、それを言ったら鶴瓶さんだってね。

吉田:
 鶴瓶さんは地上波でポップに出してるじゃないですか(笑)。こっちはZOOMだし、しごく、しごいてないの問題がありますよ!

久田:
 こっちは生々しいもんね(笑)。

笑いで美談にしようとするも「全然跳ね返せてねえよ」と厳しい声も

吉田:
 『霜降り明星のオールナイトニッポン』で、深夜の生放送でどんな謝罪のコメントをするだろうって、ネットニュースにするために記者や普段は番組を聞かない野次馬が待ち構えている中で、ひたすら2時間ボケ続けたっていうのがすごい美談になってたんです。
 『水曜日のダウンタウン』の藤井健太郎さんとか、テレ東の佐久間宣行さんとか、いろいろな人が絶賛してたけど、正直ボクは聞いていて絶賛するほどでもなかったんですよ。記事にさせないために頑張ったのはわかるけど、爆笑問題の太田さんがラジオで「笑いで全然跳ね返せてねえよ」「言えることないから、ただボケ続けただけじゃねえか」って言ってたことの方が同感で(笑)。

久田:
 太田さんってここ7、8年くらいすごいと思います。面白いしコメントもすごいね。

吉田:
 太田さんが言う通り、確かに跳ね返せてはいなかった(笑)。
 まだ生々しい時期にフリートークをすると騒動に触れざるを得ないから、ボケでしのごうって企画で。だからせいぜい「しのぎきった」というのが正解ですよ。

 あと、ちょっとモヤモヤしたのが、せいやさんが昭和好きで、クレイジーキャッツとか昭和のネタをいっぱい入れてボケるわけですよ。それに対して粗品さんは昭和の知識が全然ないんです。ツッコミが通訳の役割になればいいんですけど、本当に物を知らないんで、普通に活躍してる人の代表曲とか「そんなん誰も知らんわ」とか言っちゃうんですよ。「なんでそんな知らん曲やるんや」みたいな。そっちのハラハラのほうが大きくて。

久田:
 ちょっと勉強したら……。「誰も知らんわ」とか言っちゃだめだよな。でもやっぱり太田さん以外のお笑いの人は褒めていたの?

吉田:
 そうですね。テレビ業界の人や同業者やお笑い好きの人は「痛快!」みたいな感じでしたけれど、それはどうかな? と思った。痛快ではないですよね。

久田:
 やっぱり業界の人は業界の人でかばうよね。

吉田:
 同業者だから「よくやった」みたいになるんでしょうね。とりあえず、久田さんも気をつけて下さい!

久田:
 Zoomは気をつけたほうがいいですよね。

スタッフ:
 昔からエロイプっていって……。

久田:
 エロイプ流行ったよね。10年ぐらい前じゃないですか。

スタッフ:
 当時、インターネットをはじめた人たちの中で流行った感じですね。

吉田:
 久田さんもやったんですか?

久田:
 俺、skypeができないもん。

吉田:
 でも、Zoomはそろそろ、事故はいっぱい起きると思いますよ。切ったつもりで切れていなくて何かやらかしたとか。

久田:
 俺もそう思うわ。お笑い芸人も同じようなZoomネタやってるよね。それはリアルに起きると思うわ。

▼YouTubeチャンネル
久田将義と吉田豪の噂のワイドショーはコチラ

▼TABLO編集長久田将義の「ニコ生タックルズ」はコチラ

▼プロインタビュアー吉田豪の「豪さんのチャンネル」はコチラ

―あわせて読みたい―

幻冬舎・箕輪氏は社長の言いなり“自称天才編集者”? セクハラ・ギャラ未払い騒動について「はっきり言って気持ち悪い」とバッサリ【話者:吉田豪・久田将義・掟ポルシェ】

外出自粛でアイドル業界が絶体絶命! AKB、坂道G、地下アイドル…握手会ビジネスに頼り過ぎた業界の未来を吉田豪・久田将義が憂う

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング