高齢者の運転に「安心」を!家族で見守る新サービスが開始[PR]

認知症ねっと / 2017年3月28日 12時0分

写真

「本人も家族も」安心して運転できる環境づくりをサポート

高齢者の運転事故が増加している背景には、本人や家族が認知機能の低下を認識できていない実態があります。高齢ドライバーの運転挙動の把握は、本来同乗していなければ難しいものですが、それをデータ化し、家族もリアルタイムで確認できる画期的サービスが今注目されています。

そのサービスの記者発表会に認知症ねっと編集部が参加。高齢者運転の現状や問題点を確認するとともに、その解決の一助となるサービスの本質、可能性について探ります。

高齢者の運転事故は今や社会問題に

各地で相次ぐ高齢ドライバーによる運転事故。その原因の多くは認知機能の低下によるものと見られています。

認知機能が低下したドライバーが運転を継続している背景には、自身や周囲が認知機能の低下に気づきにくい、という点が挙げられるでしょう。また、これまで無事故・無違反で運転してきた経験から、周囲に指摘されても本人が拒否して運転を続けているケースもあります

このような状況を受け、3月から改正道路交通法が施行されました。今回の改正では、これまで3年に1度の免許更新時に行われていた認知機能検査が、高齢者が一定の違反を起こした際にも臨時で受けることが義務付けられました。また、認知機能検査で認知症の可能性を指摘された場合は、違反の有無を問わず医師の診断が必要です。

高齢者の運転事故に多い「徘徊」と「踏み間違い」

高齢になると注意力や集中力、瞬間的な判断力の衰えから運転事故を起こしやすくなります。さらに認知症になると、見当識(自分がどういった状態にあるかを認識する能力)がうまく働かなくなり、道路を逆走してしまったり歩道に入り込んでしまったりすることも。実際に、認知症のドライバーが高速道路を逆走してトラックに衝突し、亡くなる事故も起きています。

また、見当識の低下は、認知症患者の重大な症状である「徘徊」の原因でもあります。記者発表会では、認知症患者による運転徘徊の実情とともに、今後増加が見込まれることへの懸念についても考察されました。認知機能が低下しても、「手続き記憶」という、運転の技術や技能の記憶は残っているため、車を走らせてしまいます。その後、目的地がわからなくなってしまうケースがあるのです。

さらに、「ペダルの踏み間違い」の多さにも言及。ペダルの踏み間違い事故の実際の件数は年間およそ6500件。そのうち、死亡事故となったケースのほとんどが高齢ドライバーによるものとなっています。

必要な対策と現状

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング