どの食用油を摂ればいい?~脳の健康におすすめのオイルのおはなし

認知症ねっと / 2019年2月21日 16時0分

写真

現在、家庭で利用する食用油の選択肢が広がっています。スーパーなどに並ぶオイルは多くの種類があり、どれを使うべきか悩んでしまう方もいるかもしれません。また、健康に良いオイルについてもメディアで様々なものが取り上げられています。

日清オイリオグループが2017年に行った調査で、健康に関する設問から対象者を6つに分類し、その中の比較的健康意識が高い「健康対策完璧層」「食で健康層」「運動で健康層」に、健康を意識して利用している食用油の種類を尋ねたところ、どの層にもオリーブオイルが人気となりました。(「‘17健康と食に関する意識調査」)オリーブオイルに含まれるオレイン酸は、善玉コレステロールの値を下げずに、悪玉コレステロールの濃度を下げる働きがあり、生活習慣病予防に効果的なことが知られています。また、抗酸化作用に優れたビタミンやポリフェノールも含まれています。

また、幅広い年齢層を対象にしたこの調査では、年代が高くなるほど食事への健康意識が高くなっていました。ここに挙がっているオイルだけでも多くの種類があり、それぞれ様々な効果が知られています。では、認知症予防には、どんなオイルが良いのでしょうか。脳の健康に役立つ可能性のある油についてご紹介致します。


健康を意識して使っている油は何ですか?
(健康を意識して食用油を利用している人のみ・複数回答)

出典:日清オイリオグループ㈱「生活科学研究」レポートNO.35

脳の健康を保つには、高血圧、肥満、高脂血症や糖尿病などの生活習慣病を予防すること、運動、脳を使うトレーニングなど、様々な対策が必要です。「このオイルを摂るだけで脳の健康はバッチリ」というわけにはいきませんが、脳の働きを良くし、エネルギーになるオイルを積極的に摂取することは、認知症予防につながります。

認知症・軽度認知障害の早期発見・早期治療に精力的に取り組まれている、ひろかわクリニック院長の広川慶裕先生に、オイル療法の事例と代表的な2つの食用油を紹介していただきました。

最近認知症は「第3の糖尿病である」と言われています。認知症の脳はその経過の中でインスリン抵抗性を示すようになり、本来のエネルギー源であるブドウ糖をうまく利用できなくなります。この状態では脳はエネルギー不足になり、結果として脳は代謝がうまく働かず機能低下を起こします。さらには神経細胞の恒常性を保てなくなり脳細胞は死に至ります。これがエネルギー論から見た認知症の本質です。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング