若年性認知症の支援とは?

認知症ねっと / 2019年9月17日 10時0分

写真

認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)¹⁾では、「若年性認知症施策の強化」を施策の一つとして挙げており、各都道府県や市区町村では、若年性認知症への支援を行っています。
今回は、若年性認知症に対する支援の取り組みについてご紹介します。

若年性認知症とは、65歳未満で発症する認知症のことを言います。高齢者の認知症と認知症のメカニズムや症状は同じです。 厚生労働省は、平成21年に若年性認知症に対する調査²⁾を行いました。

その結果、若年性認知症の推定発症年齢の平均は51.3±9.8歳(男性51.1±51.9歳、女性51.6±9.6歳)でした。この年代は、働き盛り・家庭での中心的な役割を担う時期です。

若年性認知症と最初に気づかれた症状は、「もの忘れ」が50.0%、「行動の変化」が28.0%、「性格の変化」が12.0%、「言語障害」が10.0% でした。

若年性認知症場合も、その中核の症状は、認知機能が冒されることです。すなわち症状として、以前できていたことができなくなります。すなわち、日常では失敗が多くなった、それもなんでもないことの失敗で「そんな失敗をすることは信じ難い」と思わせるような失敗です。ましてそのような失敗が2度、3度見られたときは認知症を疑ってもよいのかもしれません。

人目を避けるようになるのも特徴かもしれません。部屋に閉じこもったり、会話が少なくなったり、積極的な行動をしなくなることも初期の症状としてよいと思います。おそらく、どこかで、自分の能力が侵されていく事に気づき、それを他人に知られないように努めているのかもしれません。

ユッキー先生の認知症コラム 第38回若い人の認知症より



若年性認知症の場合、年齢が若いため、うつ病などの他の病気と判断されて、診断が遅れてしまう恐れがあります。

一方、認知症以外の病気で、治療により治る可能性がある場合があります。例えば、正常圧水頭症や甲状腺機能低下症、うつ病などです。

若年性認知症の方は、働き盛りや家事や育児の中心的存在であることから、「なんか変だな。最近、もの忘れがあるけど疲れているからだろう…。」と気づいていても、日頃の疲れだと思い、受診を先延ばしにする場合があります。すると、診断が遅れてしまい、治療を行うタイミングが遅れてしまう恐れがあります。かかりつけ医や産業医へ早期に受診を行い、適切な治療を受けることで認知症の進行を遅らせる場合があります。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング