全米オープン優勝の大坂なおみをテリー伊藤が絶賛も「政治的なものを背負いすぎないか心配」

ニッポン放送 NEWS ONLINE / 2020年9月29日 20時5分

写真

テリー伊藤が、テニスの4大大会、全米オープン・女子シングルス決勝を制し、アジア最多の4大大会3度目の優勝を遂げた大坂なおみ選手についてコメントした。

全米テニス・女子シングルス表彰式/優勝した大坂なおみ 2020年9月12日 ニューヨーク AFP=時事 写真提供:時事通信社

9月14日のニッポン放送「垣花正あなたとハッピー!」に生出演したテリーは「僕は詳しいことは分かりませんが」と前置きした上で、「今回は1セット目を取られたあと、顔にタオルをかけて瞑想していましたよね。以前は試合中、苦しい時にラケットを投げたり、動揺した場面が見えたんですけど、今回は精神的に成長したように見えました」と感想を述べた。

また、今回の大会では1回戦から、過去に白人警官などに殺害された黒人の名前が書かれたマスクを、入退場の際などに着用したことが話題になった。

テリーは「彼女が政治的なことを訴えるのは非常にいいこと」と語る一方で、「今後、政治的なものを背負いすぎてしまわないか心配」と大坂選手への周囲の期待が高まり、常に政治的なメッセージを求められてしまうのではないかと、危惧した。

テリー伊藤、那須恵理子、垣花正

最後にテリーは、大坂選手とインタビュアーのやりとりを見て、感銘を受けたことを明かした。

「記者から『マスクで伝えたかったメッセージはなんですか?』って聞かれた時に『あなたが受け取ったのはどんなメッセージだったの?』って答えましたよね。あれは素晴らしいと思う」と、批判を受けながらも問題提起を続けた大坂選手を絶賛した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング