懐かしい「昭和レトロ」を満喫できるスポットに戸田恵子も共感! マニアのイチ押しは…

ニッポン放送 NEWS ONLINE / 2021年2月17日 11時20分

写真

昭和マニアの平山雄さんが、2月14日(日)に放送された、女優の戸田恵子がパーソナリティを務めるラジオ番組「戸田恵子 オトナクオリティ」(ニッポン放送・毎週日曜14時~14時30分)にゲスト出演。昭和が好きすぎて、日本全国を隈なく回って昭和の名残を探す平山さんに、昭和ノスタルジーを感じるイチ押しのスポットを聞いた。

1968年、昭和43年生まれの平山さん。昭和を愛するあまり、昭和時代の一戸建てを買い、昭和に製造された国産車も購入。家の中を昭和にするだけでは満足できず、日本全国の昭和スポットを訪ねるようになり、これまでに1700か所以上足を運んだそうだ。

著書『昭和遺産へ、巡礼1703景』(303BOOKS)から、戸田の地元・名古屋の昭和スポットに触れつつ、マニアお勧めの昭和スポット「宝登山ロープウェイ」(ほどさん)を紹介した。

戸田:『昭和遺産へ、巡礼1703景』には、平山さんが訊ねた昭和なスポットの中から108か所が厳選されて紹介されていますが、私の地元・名古屋からは喫茶店の「サン」(名古屋市熱田区)がありますね。名古屋といえば、ね。

平山:名古屋はちょっと歩くだけでも、個人経営の喫茶店がありますよね。

戸田:いわゆる住宅地の町内に普通に喫茶店があるんですよね。私の家の斜め向かい側にもありましたけど、そこが近所の溜まり場で、「○○さんのお父さんを、あそこに行って呼んできて!」って言われたりとか。

平山:(笑)

戸田:子供はそこで軽食が食べられるので、親に「あそこでちょっと食べてきて」とか言われるぐらい、喫茶店の数があって。

平山:そうなんですよね、羨ましい。

戸田:他にも名古屋の喫茶店は、未だに昭和レトロな感じで残っている所がたくさんありますからね。この他にも、平山さんが名古屋の昭和遺産と認定されている一覧を見ますと……「コンパル」(名古屋市中区)さん!

平山:大須にあるコンパルさんですね。

戸田:ここは有名で、サンドイッチも有名で。地元のテレビ局に行くと、いろいろお弁当とかが出ますが、コンパルのサンドイッチが出ると、東京の人もみんな知っているから「今日はコンパルだー!」って言うくらい、みなさん好きですね。

平山:僕も一度だけ行ったことがあります。

戸田:レトロな感じでね、いまだにありますよね。特に印象に残ってる昭和遺産ってどこですか?

平山:一番印象に残っているのは、埼玉県秩父、長瀞町にある「宝登山ロープウェイ」です。

戸田:私、秩父は何回も行って、長瀞でよくお蕎麦を食べているけど、ロープウェイには乗ったことがなく。近くの、有名な芝桜を見に行ったことはありますが。そこのロープウェイがお勧めなんですか?

平山:大好きで、数えきれないくらい遊びに行っています。宝登山ロープウェイのゴンドラは昭和30年代の当時のまま、現役で動いていますし、山頂とか山麓にある駅舎も開業時からぜんぜん変わっていません。そのままの状態で残り続けています。山頂にはレストハウスや小動物公園もあり。本当に楽しいんですよ。

名古屋といえば喫茶店が多いことで有名だが、名古屋の名店や、家のすぐ近くにあった店の思い出を懐かしそうに語った戸田。マニア・平山さんは、ここだけはぜひ見てほしい場所として登山ロープウェイを挙げ、「その当時の雰囲気をものすごい体感できるんですよね。ぜひとも機会があれば行っていただきたいです」と紹介した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング