1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

越前ガニ、松葉ガニ、加能ガニ……実は全部「同じカニ」を指す?

ニッポン放送 NEWS ONLINE / 2021年11月15日 11時25分

写真

あなたの朝がいつもイイ朝でありますように—ニッポン放送『羽田美智子のいってらっしゃい』。11月8日放送分のテーマは「ズワイガニ」です。

ニッポン放送「羽田美智子のいってらっしゃい」

ズワイガニの漁は、毎年11月6日に解禁されます。今年(2021年)もズワイガニ漁のシーズンとなり、今後は約5ヵ月にわたって漁が続きます。

ズワイガニは水揚げされる場所や、オス・メスの違いによって、一般的に呼ばれる名前が変わるそうです。同じオスのズワイガニでも、例えば福井県では「越前ガニ」。京都や兵庫、鳥取では「松葉ガニ」、石川県では「加能ガニ」と呼ばれます。

同じ京都の松葉ガニでも、水揚げされた港によって、さらに別の名前で呼ばれるそうです。例えば、京丹後市の「間人(たいざ)港」で水揚げされた松葉ガニは、「間人ガニ」と言います。また、舞鶴市にある「舞鶴港」で水揚げされた松葉ガニは、「舞鶴かに」と言うそうです。

ズワイガニのメスの場合、さらに呼び名が変わります。例えば、石川県ではメスのズワイガニを「コウバコ(香箱)ガニ」、福井や京都、兵庫、鳥取では「セコガニ」と呼んでいます。

また地域によっては、京都内でも「コッペ」と呼んだり、鳥取内でも「オヤガニ」と呼ぶところもあるそうです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください