全国のご当地アイドル大集結のジモラブNo.1決定戦、優勝は「まなみのりさ」

okmusic UP's / 2012年5月4日 20時0分

全国のご当地アイドル大集結のジモラブNo.1決定戦、優勝は「まなみのりさ」 (c)Listen Japan(okmusic UP's)

3日、都内・渋谷のNHKふれあいホールで行われた「U.M.Uご当地アイドルフェスティバル ジモラブNo.1決定戦」で、広島代表のアイドルグループ・まなみのりさが優勝を果たした。当サイトでもおなじみ、名古屋・大須から全国に超絶元気を発信するアイドルグループOS☆Uも愛知代表として参加し好ステージで魅了したが、優勝には今一歩およばなかった。

雨天のため、屋内での開催となったが、午前10時に配り始めた整理券が瞬く間になくなってしまう大盛況は、昨今のアイドルブームの勢いを感じさせるに十分。熱気いっぱいの戦い模様はNHKラジオ第1で生放送された。

ジモラブとは地元愛という意味。ファンも約1ヵ月前から贔屓のグループに投票を続け、この日が本戦とあって、各グループも地元PRはもちろん、気合いの入った躍動的なステージでファンを熱狂させた。とちおとめ25が定評ある完成度の高いパフォーマンスで会場をうならせれば、ご当地グループとしてのキャリアが長いりんご娘は、確かな歌唱に裏付けされたさすがの表現力で圧倒。ミラクルはまだローティーンながらも、日々のハードなレッスンを感じさせるしっかりしたダンスを披露。それぞれのグループが個性を発揮し合った。


出場したのはエントリーされた全11組。OS☆U(愛知)、フルーティー(北海道)、りんご娘(青森)、とちおとめ25(栃木)、CANDY GO!GO! (東京)、ミラクル (静岡)、OSAKA翔GANGS (大阪)、Mary Angel (大阪)、ポンバシwktkメイツ (大阪)、まなみのりさ (広島)、S☆UTHERN CROSS (鹿児島)と、そうそうたる顔ぶれだ。なお、MCには春香クリスティーン (20)が登場。さらに、ゲストとしてアイドリング!!!がミニライブを披露して盛り上げた。会場レポートはななめ45°、Girl<s> ACTRYが担当した。

この日参戦したOS☆Uのメンバーは、伴かなみ(18)、森咲智美(19)、土方瑛里香(18)、岡島里恋(18)、清里千聖(18)、氷室のどか(18)、高橋萌(19)、梶美希(19)の1期生8人。新曲「ダメもとLOVE」をはじめ魅力的なナンバーの数々をメドレーで披露、全力のパフォーマンスで自分たちのステージを”完走”した。
アイドル画像が盛りだくさん!- アイドル専門サイトIDOOOL

また、イベント中の企画コーナーでは、それぞれクイズ形式で地元をPRする時間が設けられた。グルメなどのお題に対し、先陣を切ったのはOS☆Uの清里と岡島のペア。岡島が「長いし、大きさがあるよね」と話しかけられた清里が「いろんな大きさがあるね」と応じる。正解は「きしめん」。続く、東京代表のCANDY GO!GO!は皆で「ジュージュー、熱い…」。正解は「もんじゃ焼き」。
北海道代表フルーティーは「皆さん、見てください。この色合い、キラキラ絹のお布団のようです」と話す。正解は「海鮮丼」だ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング