歌詞サイトランキング1位を獲得したSalleyのデビューシングル「赤い靴」の歌詞入りMVが急遽公開!

okmusic UP's / 2013年4月21日 9時30分

Salley (okmusic'UPs)

4月17日集計の有線放送「週間 USEN HIT J-POPランキング」15位にチャートインするなど、デビュー前から話題となっている男女2人組ユニットSalley(サリー)の5月29日にリリースとなるデビューシングル「赤い靴」が、先週よりフジテレビ系TVアニメ「トリコ」エンディング主題歌としてオンエア開始。翌日歌詞が公開されると同時に、歌詞サイト「歌ネットモバイル」にてリアルタイムランキング1位に急上昇! その歌詞にも注目が集まっている。

これを受けて本日、歌詞入りの「赤い靴」のMV(short ver.)が急遽公開されることとなった。 歌詞表示なしの「赤い靴」MV(short ver.)は、“赤い靴を食べる"という衝撃的な展開で、4月14日のYouTube公開から僅か5日間で60,000回再生を越え話題になっているが、今回,、歌詞入りMVが公開された背景には「赤い靴」の歌詞に込められた思いを強く感じて欲しいという大きな意味があるという。

大阪の大学在学中に音楽活動を行っていたボーカルのうららは、2011年東日本大震災が起こったとき「今自分に出来ることは音楽しかない」と大学を中退して、震災1か月後には東京に来て音楽活動を一人開始した。ところが音楽活動は順風満帆とはいかず、まわりの友達が大学を卒業し就職し一人前の人生を歩んでいく中で「自分は音楽の道を歩んでいくんだ」と強がっていたものの、気付いたら一人取り残されたような気分で苦しい状況だった。それでも音楽はやめることが出来ないという焦燥感を、アンデルセンの童話「赤い靴」のストーリーからインスピレーションを得て書いた曲が「赤い靴」だ。

そんな「強がりの中にある、孤独と焦燥」が表現された「赤い靴」の歌詞は、この歌詞入りミュージックビデオの公開でますます話題となりそうだ。


「赤い靴」(歌詞入りshort ver)
https://www.youtube.com/watch?v=E5jXV9Ld7S4

okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング