Rakeが1日限りの歌とアコギの祭典「TOKYO Guitar Jamboree」に出演!

okmusic UP's / 2013年4月21日 14時58分

Rake 4月20日@両国国技館 (okmusic'UPs)

シンガーソングライター・Rakeが、4月20日(土)に両国国技館で開催された「J-WAVE 25th ANNIVERSARY TOKYO Guitar Jamboree」に出演。超満員となった一万人の観衆を沸かせた。

「100万回の「I love you」」「素晴らしき世界」、そして今年2月にはTBS系木曜ドラマ『あぽやん~走る国際空港』主題歌「ランナーズ愛」と立て続けにヒットを飛ばし、 今や日本の音楽シーンに欠かせない存在となったRake。

このイベントは、昨年8月13日にZepp DiverCity Tokyoで開催された円形ステージでのアコースティック・ライブ「J-WAVE LIVE 813+ac」の流れを受けさらにパワーアップした、まさしく2013年型の「アコースティック・フェス」で、360度解放ステージで出演者全員がアコースティックギター1本でパフォーマンスし、歌とアコギの真剣勝負を繰り広げるというもの。奥田民生、斉藤和義、藤井フミヤ&藤井尚之(F-BLOOD)、森山直太朗、トータス松本、岸田 繁(くるり)、和田 唱(TRICERATOPS)、石崎ひゅーい、大石昌良という豪華なアーティストの出演でも大きな話題となった。

大相撲風の呼び出しで3番手に登場したRake。「尊敬できる先輩方とこんな素敵なイベントに出演出来てうれしいです。ギタージャンボリー楽しんでますか!」というMCの後、1曲目にアッパーチューン「First Sight」を披露。アコギ一本で繰り広げられるアコースティックファンクに、Rakeと観客によるコール&レスポンスが行われ、最初から一気に盛り上がりを見せた。

続けての「ONE WAY」でも観客と一緒に歌い一体感を見せ、バラード曲「真冬に咲いたオリオン」では、暗転した照明の中、これまでの2曲とはまた一味違ったハートフルな歌声をしっとりと聴かせた。最後に大ヒット曲「100万回の「I love you」」のイントロを弾き始めると、観客からは歓声と手拍子が自然に起こり、ラストのサビ部分では集まった一万人の観客全員が一体となって大きく手拍子を行いながら大合唱。Rakeも会場もボルテージが最高潮になりRakeのステージは幕を閉じた。

またイベントのフィナーレでは、Rakeを含む出演者全員で、ディープ・パープルの名曲「smoke on the water」を演奏。会場全体が温かい雰囲気に包まれながらイベントは終了を迎えた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング