アジアNo.1野獣アイドル2PM、初の東京ドーム2DAYS公演に11万人が熱狂!

okmusic UP's / 2013年4月22日 12時3分

「LEGEND OF 2PM in TOKYO DOME」 photo by 増田 慶 (okmusic'UPs)

アジアNo.1野獣アイドル2PM(トゥーピーエム)が4月20日、21日と念願の東京ドーム2DAYS公演を開催し、2日間で11万人の観客を熱狂させた。2月にリリースした2nd アルバム「LEGEND OF 2PM」が念願のオリコン週間ランキング1位を記録、1月から2月にかけて開催した全国アリーナツアーで15万人を動員する大成功を納め、そして遂に日本デビュー当初から夢見てきた初の東京ドーム2DAYS公演の開催が実現した。

ライブは、各メンバー1人1人が10メートルのタワーの上から登場し、ヒット曲「マスカレード ~Masquerade~」のパフォーマンスからスタートすると、超満員の会場が早くも大きな歓声の渦に包まれる。

「皆さん!こんばんは2PMです!」と6人全員で挨拶。
「Welcome to LEGEND OF 2PM in TOKYO DOME~!!!ついに!ついに!TOKYO DOMEに来ましたね。」(ニックン)
「わぁ~TOKYO DOME~めっちゃ広いですね! 後ろの皆さん!!聞こえますか?お元気ですか?」(ジュンケイ)
「皆さんも今日は僕たちと一緒に 大きな想い出を作りましょう!!」(ウヨン)
と、日本でのデビューからずっと目標にしてきた東京ドームのステージに立った感想をメンバーそれぞれが語った。

ヒットシングル、代表曲、そして各メンバーのソロステージまで、息つく時間もないほどのパフォーマンスに会場中が盛り上がる中、ライブ中盤、すでに先行配信された着うた(R)が連日1位に輝き、5月29日にシングル発売されることが発表されたばかりの話題の新曲「GIVE ME LOVE」(TBS系金曜ドラマ『TAKE FIVE~俺たちは愛を盗めるか~』主題歌)のフルバージョンミュージックビデオが初披露される。まだどこにも流れておらず、初めて観るミュージックビデオに会場からは驚きと感動の大声援が起こった。そして、ミュージックビデオが流れ終わると、続けて「GIVE ME LOVE」のイントロが再び流れ始め、同時にメンバーがステージに登場し、新曲の初パフォーマンスが始まると、観客からは大歓声が沸き起こり会場が1つになる。

今回はステージも東京ドームならではのダイナミックな設計となっており、本ステージから直線に伸びる花道の先にセンターステージがあり、更に本ステージとセンターステージをアリーナ一杯の約100mに広がる六角形の花道で繋ぎ、メンバーが縦横無尽に走り回る。センターステージがリフトアップした後、ステージがスタンド席ギリギリまで移動、1番後ろでも近くで観てもらえるなど、たくさんの東京ドームならではの様々な仕掛けでライブをより華やかに演出した。

本編終了後、アンコールで再びステージに現れたメンバーは、それぞれファンに対して感謝の言葉を述べ、感涙の涙を流した。ジュノは「いつも皆さんから身に余るほどの愛をもらっているのに、時々それが消えるんじゃないかと不安になるときがあります。そんなときにいつも目を閉じて思い出す事があります。それは僕たちを照らしてくれる皆さんのことです。皆さんは僕たちが音楽をやる理由でもあり、生きる理由です。もっと大きな愛で皆さんを包み込める存在でありたいです。皆さんがいて僕たちがいます。愛しています。」と述べると、観客からは大きな拍手と歓声が起こった。

okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング