ゆずがアルバムのテーマである極彩色を映像化した、カオティックなアニメーションが圧巻の新曲「LAND」MVを公開!

okmusic UP's / 2013年4月24日 0時45分

ゆず (okmusic'UPs)

ゆずが5月1日にリリースするニューアルバム「LAND」のタイトル曲のMVが完成し、YouTube公式チャンネルでフルサイズが公開された。「LAND」は自分たちがいま生きている島国=日本と、幻想世界へと誘うランドの2つの意味合いが冠せられたアルバム全体のコンセプト、そして世界観を凝縮した、本作で重要な核となるナンバー。

楽曲はアコースティックギターのカッティングから幕を開け、60年代のサイケデリック、オルタナティブ要素を含んだサウンドを全編に響かせながら、現代社会にはびこる不安や閉塞感を愚直なまでに吐露。「それでも前に進んでいく」という覚悟・決意が込められた、ゆずが2013年という時代だからこそ誕生させることのできた珠玉の1曲だ。

MVは世界的芸術家・村上隆氏が手がけたアルバムジャケットアートワークの世界観を最大限に表現するべく、本作のアートディレクションを務めたファンタジスタ歌磨呂氏を中心に島田大介氏、泰永優子氏、池田一真氏ら4人のトップクリエイターが集結し制作。実写とCG、アニメーションが融合した、アート作品が完成した。

主軸となるのは、ピースフルで切なさが宿る映像の中に問題提起を盛り込んだ実写パート。かつて栄華を極めながらも、現在は衰退してしまったとあるサーカス小屋を舞台に、サーカス団員のゆず、そこに突如として現れた謎の少女が絡み合った物語が描かれる。

その中で、縦横無尽に登場人物たちと交差していく村上氏デザインのキャラクターや、随所で展開されるカオティックなアニメーションは圧巻の一言。鮮やかで美しくもどこか哀しみを帯びたキャラの狂喜乱舞する姿、間奏部分での息を呑む展開の流れは、他のMVと一線を画すクオリティ。現代の本質をえぐりだす楽曲とファンタジックな映像がシンクロし、これまでに感じたことのないゆずの姿がここにある。

またあわせて本日「LAND」のために村上氏が描き下ろしたジャケットアートワークの全貌も公開された。ジャケット単体では確認できなかったさまざまなキャラクターがずらりと勢揃いしたイラストは、まさに圧巻の一言。アルバム初回限定仕様では5面パノラマパッケージが起用されており、村上氏の作品を余すことなく堪能できる。ゆずオフィシャルHPではアートワークを大きなサイズで見ることができるので、早速アクセスしてみよう。

さらに本日、iTunes Storeにて「LAND」の音源先行配信&ミュージックビデオの配信も開始。そして明日4月25日からは、「LAND」がCMソングに起用された、石けん洗浄成分のボディウォッシュ「Mellsavon」(メルサボン)のCM放送と、Mellsavon×ゆずスペシャルコラボセット商品の販売がスタートする。コラボ商品には、ここでしか入手することのできない「LAND」のスペシャルアコースティックギターバージョンCDが付属。全国のイオン&ダイエー約1000店舗で数量限定販売されるので、こちらのチェックもお忘れなく。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング