レニー・クラヴィッツ、ユニセフ公共CMで予防接種の重要性を訴える

okmusic UP's / 2013年5月11日 16時30分

レニー・クラヴィッツ (okmusic'UPs)

レニー・クラヴィッツがユニセフの公共CMに登場。予防可能な病気で命を失う子どもたちを守るために、ユニセフを応援しようと呼びかけている。

新しいアルバムのレコーディング中の合間を縫って公共CMを撮影したレニー・クラヴィッツ。世界中で毎年150万人もの子どもたちが、ワクチンで予防可能な病気で亡くなっているという現実に対して 「どの親にとっても、わが子が病気で苦しむことほどつらいことはありません。ユニセフは、すべての子どもたちが、予防接種を確実に受けられるようにすることを目指し、予防接種100%キャンペーンを行っています。ワクチンが安価であるにもかかわらず、予防接種を受けることができない子どもがいる状況は、到底受け入れられません」 と語っている。

レニー・クラヴィッツがユニセフを支援しはじめてから1年。清潔で安全な水と衛生設備(トイレ)を利用できるようにする水と衛生の分野への支援を行ってきたが、今回は予防接種の公共CMの出演に加え、自身のソーシャル・メディアも活用して、ユニセフの予防接種活動への支援を世界中に呼びかけている。

レニー・クラヴィッツ出演の公共CMは、日本ユニセフ協会のYoutubeより見る事が出来る。



okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング