BABYMETAL、初の生バンド演奏ツアーは“修行”がテーマ!?

okmusic UP's / 2013年5月11日 18時0分

5月10日@大阪BIG CAT Photo by YOHEY WAKAMOTO (okmusic'UPs)

5月10日、大阪BIG CATで行われた、BABYMETALの初の全曲生バンド演奏によるツアー『BABYMETAL DEATH MATCH TOUR 2013 –五月革命-』の初日公演。今回のツアーは"修行"というテーマのもと、全ての公演で内容が異なることが明らかになった。

冒頭のストーリームービーで、今回のツアーがさらなるパワーアップを目指すための"修行"ツアーであることが告げられる、BABYMETAL。伝説の「メタルマスター」と呼ばれるメタルの達人に、「ホントのメタル」を手に入れるための「極意」を教えてもらい、BABYMETALと会場に集まったファンはそれを身に着けるため、ともに修行を乗り越えていく、という内容になるそう。

初日となるこの日は、BABYMETALの原点であるデビュー曲「ド・キ・ド・キ☆モーニング」からスタート。ステージ上に姿を見せた3人がデビュー当時に着用していた衣装で登場するというサプライズに、会場からはどよめきと共に歓声が上がり、「Catch me if you can」「いいね!」に会場は熱気に包まれた。この日の修行のテーマが"速さ=スピード"であることがストーリームービーで告げられると、「イジメ、ダメ、ゼッタイ」がスタート。YUIMETALとMOAMETALがステージ上を全速力で走り抜けるかけっこのパフォーマンス"ウォール・オブ・デス"が繰り広げられる。

MCも無く、アンコールも無く、限られた時間だけ"神が降臨"するというBABYMETALスタイルの凝縮されたライブパフォーマンスはノンストップでエンディングを迎え、次回予告のストーリームービーの中で5月17日に行われるZepp DiverCityの公演はボーカルSU-METALプロデュースによる組曲(セットリスト)で行われることが明らかになった。

メンバープロデュースのセットリストというのもBABYMETALにとっては初の試みで、その後の公演ではYUIMETAL、MOAMETALそれぞれが組んだセットリストで展開されることも予想されるので、まさに全公演見逃せない内容になること間違いなしだ。

さらに、「BABYMETAL DEATH MATCH TOUR 2013 -五月革命- BATTLE-1」で公開されたストーリームービーの一部が5月11日(土)の1日限定でBABYMETALオフィシャルYouTubeチャンネルで視聴可能となっている。5月17日、18日のZepp DiverCityに参加する人は予習としてぜひチェックしよう。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング