EARTHSHAKERのMARCY(Vo)が15年ぶりのソロアルバムをリリース!

okmusic UP's / 2013年5月20日 16時30分

MARCY(EARTHSHAKER) (okmusic'UPs)

2013年にデビュー30周年を迎えるEARTHSHAKERだが、その節目の年の5月22日にヴォーカリストのMARCYがソロアルバム『MARCY』をリリースすることがわかった。ソロ名義では『RE-SET』以来15年ぶりのアルバムとなる。

15年ぶりの新作というのもポイントだが、それ以上に注目すべきなのがEARTHSHAKER/HIPS(MARCY&寺田恵子のユニット)として手がけた、アニメ『超音戦士ボーグマン』の前期・後期オープニングテーマである「DON'T LOOK BACK」と「夜をぶっ飛ばせ」をリアレンジして本作に収録していること。2012年暮れには、アニソン界の紅白歌合戦と呼ばれている『アニソンキング』へ出演し、そこでの反響が今回のソロアルバム制作へ大きな影響を及ぼしていった。

「あのイベントに参加してた人たちは、“アニソンが大好きだからこそ、すべてのアニソンを盛り上げ、一緒に楽しもう」という人たちばかり。それは、ステージ上の人たちも含めてね。ホントにアニソンを、音楽を愛してる人たちばかりの空間を楽しめたことや、そこの空気を一緒に味わえたことがすっごく楽しくってね。僕が歌ったときだって、そう。あんなに喜んでもらえるんだったら、これからも喜んで協力しますよって気持ちになったからね」 とMARCYは語る。

「1曲目の「授かりし命と共に」とか、完全に今のエモメタルでしょ。僕はその時代の音楽が大好きだし、その時代ごとの音楽に対してミーハーなんですよ。だから、その時期に影響を受けたものは、上手く自分のスタイルの中へ消化し続けていく。そんな「あの頃の音楽が良かった」とか言ってるんだったら、「そこで音楽は辞めとけ」って感じじゃない。俺は、まったくそういう意識にはならない。今の音楽が大好きですからね」というMARCYの言葉どおり、 ソロアルバム『MARCY』の中には今の時代に寄り添ったロックな音楽ばかりが詰め込まれている。

ほかにも「DARK ANGEL」や「TREACHERY」などEARTHSHAKERのナンバーのリメイクをはじめ、現在のエモ/ヘヴィロックシーンと共鳴し合える重厚なロックナンバーを数多く収録されており、往年のEARTHSHAKERファンにもアニソンファンにも満足のいく作品が誕生した。どちらのファンも要チェックだ。


okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング