X JAPAN、21ヶ月ぶりに集結! 等身大フィギュアをお披露目

okmusic UP's / 2013年5月21日 6時0分

2013年5月20日(月)、 「マダム・タッソー東京」はX JAPANのメンバーを迎え、デックス東京ビーチ アイランドモール6Fの「マダム・タッソー東京」にて、メンバーの等身大フィギュアお披露目イベントを実施した。

今回発表した新作は、PATA、HEATH、SUGIZOの3体(YOSHIKIのフィギュアは、すでに館内に常設展示) 。イベントには、X JAPANメンバーが登場し、製作時のエピソードや対面した感想を紹介するトークショーを行った。

メンバーの目の前で新作が公開されると、初めて3名の等身大フィギュアを見たYOSHIKIは、「こんなに沢山メンバーがいたらリーダーとしてまとめるのが大変だ」、PATAは「胸毛まで再現されていて凄い!」とコメント。SUGIZOは「ロンドンのマダム・タッソーを訪れたときに、デヴィット・ボウイの等身大フィギュアと写真を撮り感動しました」とエピソードを披露。

X JAPANの日本での記者会見は、2011年8月のサマーソニック会場での会見以来。メンバーの今後の活動として、来年以降ワールドツアー第二弾を計画中とのこと。

<発表作品について>
今回発表の等身大フィギュアは、2012年9月より都内で採寸作業を開始、全身150~200カ所のデータをとった。製作はロンドンの本部でクリエイティブ・チームにより進められ、1体の製作期間は採寸開始から完成まで約4カ月を要している。製作費は1体約2,100万円。フィギュアは今後、館内のミュージックエリアに展示予定。なお、3名の作品化については、日本での当社独自調査により、見てみたいという多数の回答があったことが理由。
(※ToshIはスケジュールの都合により等身大フィギュアを未製作)

okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング