ザ・クラッシュ、ファン垂涎のラジカセ型豪華ボックスCDセット&2枚組ベスト盤発売決定!

okmusic UP's / 2013年5月22日 14時0分

ザ・クラッシュ (okmusic'UPs)

ザ・クラッシュのメンバー監修による、ファン垂涎の超限定BOXセット『ザ・クラッシュ サウンド・システム』のリリースが決定した。ザ・クラッシュ自らのデザイン(大型ラジカセを摸したパッケージ)、自らの手による最新リマスター(オリジナル5作品、8CD)、貴重なレア音源満載の3CD+貴重なレア映像満載DVDを収め、そしてオマケも満載!

9月9日にリリースが決定した『ザ・クラッシュ サウンド・システム』は、昔ながらの大型ラジカセを模したパッケージとなっており、これのデザインをベースのポール・シムノンが手がけている。

そして、ザ・クラッシュが自ら新たにリマスタリングを施した独創性に富むスタジオ・アルバムが5作品(オリジナル盤と同様合計8枚のフォーマット:『ロンドン・コーリング』は2CD、 『サンディニスタ!』は3CD)、デモ・レア音源音源、B面音源を収録したディスク、ドン・レッツとジュリアン・テンプルによる未発表映像やオリジナルのPV、ライヴ映像などを収録したDVD、取扱説明書、バンドのファン雑誌「アルマゲドン・タイムズ」のオリジナルの復刻版、ポール・シムノンがキュレーションとデザインを手がけたこれの最新版、ドッグタグ、バッジ、ステッカー、クラッシュの特別ポスター…などが収められている。

また、ジョー・ストラマー手書きの1982年のライヴのセットリストをもとに、その順番にオリジナル音源を収録した最新2枚組ベスト盤『ザ・クラッシュ・ヒッツ・バック』も同時リリース決定。それに伴いメンバー自身が制作・出演した発売告知「切り絵」映像が公開された。

この同時にリリースされる『ザ・クラッシュ・ヒッツ・バック』は、1982年に行われた伝説のブリクストン・フェアディール公演のセットリストに準拠したスタジオ音源に、代表曲8曲を足した33曲が収録される2枚組のベスト中のベスト盤となっている。しかも、ジョー・ストラマーが毎回ギグの前に愛用のテレキャスターの裏にテープで貼っていた、直筆のオリジナル・セットリストを付属。ジョー・ストラマーは2002年に亡くなっているが、ミック・ジョーンズ(Gt,Vo)ポール・シムノン(Ba)トッパー・ヒードン(Dr)は彼を振り返り、連名で下記のように説明している。

「ショウは1回1回違っていた。ジョーはセットリストを考えるのに多くの時間を費やしていたよ。曲のダイナミクスや感情へのインパクトの強さ、主要曲を入れることなどを考えながらね。この録音は、1982年7月10日に行われた、「ザ・カスバ・クラブ」全英ツアーのブリクストン・フェアディール公演のときジョーが考えたセットリストに基づいているんだ」

この他に、メンバーによってリマスターされたオリジナル5作品のセットも発売される(『白い暴動』、『動乱』『ロンドン・コーリング』『サンディニスタ!』『コンバット・ロック』)。日本盤発売日はソニー・ミュージックより追って発表される。



「THE CUT OUT SHOW」(切り絵のショー)
http://www.youtube.com/watch?v=DrScvkRd_24

『サウンド・システム』 トレーラー映像
http://www.youtube.com/watch?v=bgL_CBC83qk

okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング