日比谷野音にて開催のイベント「待ち人のフェイバリット」、スペシャルセッションにオーディエンスが熱狂!

okmusic UP's / 2013年6月3日 17時15分

秦 基博×長澤知之 (okmusic'UPs)

6月2日(日)日比谷野外音楽堂で、イベント「待ち人のフェイバリット〜on the street corner〜」が開催。それぞれが“フェイバリット"に挙げるアーテイストを“待ち人"として招いた様々なスペシャルセッションが繰り広げられ、特別な一夜となった。

【その他の画像】秦 基博

6月2日(日)日比谷野外音楽堂で、音楽イベント“待ち人のフェイバリット〜on the street corner〜"が開催された。平年より10日ほど早い梅雨入りにより心配された天気も一転、晴れ間が差し込む最高のコンディションに恵まれ、新緑溢れるこの場所に、秦 基博、OKAMOTO'S、長澤知之、KAN、山内総一郎(フジファブリック)、杏子、いまみちともたか、小山田壮平(andymori)、忘れらんねえよが集結。

トップバッターを飾ったのは、柴田隆浩(Vo)、梅津拓也(Ba)、酒田耕慈(Dr)からなる、今年大注目の3ピースバンド・忘れらんねえよ。出演発表時、彼らの待ち人が一体誰なのか、様々な憶測を呼んだりもしたが、この日は単独のステージでオープニングを盛り上げた。「イベントの企画を揺るがしかねないのですが、僕らには待ち人がいません。でも、僕らはあんたらを待ってたから!」と客席を湧かし、音源未発表曲「バンドワゴン」からスタート。続いて6月12日リリースのニューシングル「僕らパンクロックで生きていくんだ」をパフォーマンス。3ピースというシンプルな構成ながら迫力のある演奏と相まって、力強いメッセージが突き刺さる。「心の一番底にある衝動だけでできた歌を届けます。」と叫ぶと、「この高鳴りをなんと呼ぶ」「Cから始まるABC」を魂で歌い上げ、ステージをあとにした。

次にステージに登場したのは長澤知之。ギター1本で「いつものとこで待ってるわ」、続いてKeyboard山本健太と共に「風を待つカーテン」を披露すると、いよいよ待ち人である小山田壮平(andymori)が登場。「ゆっくり楽しみましょうね」 と、長澤の曲、andymoriの曲、そして長澤と小山田による共作曲を披露。お互いの作品にもコーラスやアコースティックギターで参加するほど仲がよく、またそれぞれの音楽性も尊敬しているという2人。一緒にステージで演奏するのは久しぶりだというが、そんなことはまったく感じさせない息の合ったパフォーマンスで観客を魅了。小山田を送り出し、ラストは「昨日、歌詞を仕上げたばかり」という新曲「Goodbye Hello」を初披露。次作への期待も残しながら、ステージを終了した。

okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング