MAY'S、第2章は初のソロ作品リリースとなることが判明!

okmusic UP's / 2013年6月3日 18時15分

2013年5月31日@東京・赤坂BLITZ (okmusic'UPs)

結成から11年目を迎えたR&Bユニット、MAY'Sが5月31日(金)に全国8ヵ所を巡る「MAY'S BEST TOUR 2013」ファイナル公演を敢行。アンコールでは、片桐舞子、NAUGHTY BO-Zそれぞれが初のソロ作品をリリースすることがアナウンスされた。

【その他の画像】MAY'S

赤坂BLITZを埋め尽くす約1,000人のオーディエンスを前に、ベストアルバム『BEST 2005-2013』に収録された「ONE LOVE~100万回のKISSでアイシテル~」「ダイヤモンド」など新旧のヒット曲をはじめ、「まだリリースする予定はないですが、来てくれたみんなに何かプレゼントしたくて」と、未発表の新曲も披露。

客席を巻き込んで会場全体が一体となるパワフルなステージ、トラックメイカーのNAUGHTY BO-Zの弾き語りで歌声の魅力を存分に発揮するバラードなど、くるくると表情を変えるMAY'Sワールド満載のステージを展開していく。「自分の歌が、誰かの力になるかもしれない。そう気付かせてくれたのは、支えてくれるみんながいたからです」とファンに感謝の気持ちを語る場面も。この日はヴォーカルの片桐舞子の誕生日とも重なり、ステージ後半ではファンからケーキとプレゼントが贈られるサプライズで会場は大いに沸いた。

また、アンコールではレンタル限定のミックスCDのリリースが7月17日に決定したこと。さらに、秋には片桐舞子、NAUGHTY BO-Zそれぞれがソロ作品をリリースすることを発表。「新しいチャレンジでMAY'Sとしてさらに成長していきたい」と語った。現在までの活動の第1章を集約したベストアルバムを経て、次なるステージへと一歩踏み出したMAY'S。第2章の幕開けは初となるソロ作品から始まる。新たな挑戦を重ね、さらなる高みを目指す2人からますます目が離せない。



okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング