ファンモン、東京ドームライブで10万人に熱いラストメッセージ!

okmusic UP's / 2013年6月3日 19時30分

6月2日@東京ドーム (okmusic'UPs)

6月1日、2日に10万人を動員した東京ドーム公演をもって人気絶頂の中、FUNKY MONKEY BABYSが結成から10年間の活動に終止符を打った。

【その他の画像】FUNKY MONKEY BABYS

昨年11月末に発表された衝撃の“解散"宣言は各メディアがこぞってトップニュースとして取り上げ、社会現象とまでなったが、その“解散"宣言から約6カ月後の昨日6月2日、最後のライブが東京ドームで行われた。

オープニングは、もはやファンモンの歴史の全てが分かると言って過言ではないファンモンバイブルソング「WE ARE FUNKY MONKEY BABYS」でライブスタート。しょっぱなからの会場全体の一体感は、ファンモンとBABYS(ファン)がお互いに呼応しあい、高め合うように、そして“解散"という事実がまるで無かった事のような盛り上がりで5万人(両日10万人)のBABYSが熱狂の渦に包まれていった。

曲間のMCでファンキー加藤が「皆さんの笑顔に導かれて僕らは今日、東京ドームのステージに立てました」と話したように5万人の笑顔で埋め尽くされた、実に彼ららしいステージ。約4時間のラストステージは全25曲を全身全霊で熱唱。大ヒット曲「あとひとつ」や「ヒーロー」、一躍全国区のアーティストに押し上げた「Lovin' Life」、「サヨナラは言わない!お前ら、幸せになれよー!」(ファンキー加藤)と叫びながら歌った「サヨナラじゃない」。そして2006年リリースのメジャーデビューシングル「そのまんま東へ」とまさに10年間の集大成に相応しい新旧織り交ぜたベストソングライブは古くからのBABYSも初めてファンモンのライブに参加したBABYSも等しく盛り上がり、涙し、笑顔になれる。そんな夢の様な空間となっていた。

ファンキー加藤が「この曲は初めて売れなくてもいいと思った曲、BABYSの為だけに作った曲。」と語ったラストシングル「ありがとう」の歌唱時には、ラストライブの終演にむかい、抑えきれない想いが涙となって頬をつたった これまでの10年間の感謝の想いを歌に込め、真っ直ぐに届ける3人に、5万人のBABYSは“解散"という2文字を改めて強く意識したのだろう。会場中のBABYSがタオルで涙を拭いながら、それでも必死にステージを見つめていた。

アンコールでは、それぞれが感謝の想いを語った。
「10年弱、皆さんありがとうございました。楽しかったです。ありがとう! ターンテーブルを使ったミュージシャンで東京ドームは初めてらしいです。皆さんのおかげです。楽しかったよ。ありがとう!」(モン吉)
「今日はほんとに奇跡的なライブが出来たと思います。皆さんの声援と気持ちがどんどん伝わってきて、めちゃめちゃ、今までで一番楽しかったです。ほんとありがとうございました!今日でライブするのは最後ですが、曲はずーっと残っていくんで聴いて下さい。今日の事も僕は一生忘れません!ありがとうございました!また新しい形で会いましょう!10年間ありがとう!最高でした!ありがとうBABYS!ありがとうスタッフ!ありがとうメンバー!」(DJケミカル)
「幸せに満ちた2日間でした。この10年間でファンモン史上“最幸"のライブになりました! BABYSと共に歩んできた日々は本当に幸せだらけでした。みんなと共に歩んできた日々は、共に過ごしてきた日々は、一緒に見てきた景色は幸せだらけでした。幸せだけしかありませんでした。10年間本当にありがとうございました!」(ファンキー加藤)

ラストはファンキー加藤の「WE ARE?」の掛け声に5万人のBABYSが割れんばかりの声で「FUNKY MONKEY BABYS!」と叫び、メンバーがステージを降りるとエンディングロールでは「ありがとう」のBGMに合わせて5万人が大合唱し、BABYSからの最後の“ありがとう"のエールを贈り返した。

東京ドームでのライブは、2011年の夏に開催予定だったが、東日本大震災の影響で一度は中止となっていた。その際に夢のステージを「BABYSとの約束の場所」と位置付けており、奇しくもラストステージで夢の場所・東京ドームでの約束を果たすと共に結成から10年間の活動を終えた。


okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング