秦 基博の胸キュン・ソングをボサノヴァ・カヴァー。初のカバーアルバム『秦キュンBossa』発売

okmusic UP's / 2013年6月5日 14時0分

『秦キュンBossa』 (okmusic'UPs)

秦 基博の選りすぐり胸キュンソングを、女性ア―ティストの“ふわり"優しい歌声で、軽やかにボサノヴァカバーした、初のカバーアルバム、『秦キュンBossa』が、7月24日に発売されることが決定。

【その他の画像】秦 基博

2006年のデビュー以来、“鋼と硝子で出来た声"と称される、力強さと繊細さを併せ持つ歌声を遺憾なく発揮した圧倒的な歌唱力とライブパフォーマンスで、オーディエンスを魅了。新世代シンガーソングライターの代表格として、耳に残るポップで温かい優しいメロディー、そして温度感や空気感がじわっと伝わり、情景が思い浮かぶ抒情性、豊かなその歌詞世界からなる名曲を世に送り出し続けている秦 基博。

秦 基博の“歌"の世界感を表現できるのは、秦 基博自身のみ。その難易度の高さから、今まで秦 基博の“歌"がカヴァーされた事があるのは、ハワイのネイサン・アヴェアウがハワイ語でカヴァーしたり、BIGBANGのボーカリスト・D-LITE(ディライト)が日本語でカヴァーした「アイ」のみ。

そんな難易度高しの秦 基博の“歌"の数々を、オリジナルアレンジではなく、女性の“ふわり"優しい歌声で、軽やかにゆる~くボサノヴァカヴァーしたこの『秦キュンBossa』。あくまでライト感覚で、心地よい優しい風のように、“ふわり"奏でられる秦 基博の名曲の数々。選曲も、シングル曲に拘らず、ボサノヴァ調に合う、意外性溢れる、思わずニヤリの選曲となっており、秦 基博のファンの方にはもちろん、ファン以外のみなさんにも聴いてもらいたいアルバムとなっている。

秦 基博の素晴らしすぎる楽曲を、心地よい優しい風のように、女性の優しい歌声で“ふわり"ボサノヴァ・カヴァーしたアルバム『秦キュンBossa』。カフェでも、街の中でも、海や山や草原でも、そして部屋の中でも“ふわり"とした優しい気持ちになれるこのアルバムは、現在、鋭意レコーディング中。その完成が
楽しみだ。



カバーアルバム 『秦キュンBossa』VA

2013年7月24日発売
【初回限定デジパック仕様】
WPCL-11511/¥1,800(税込)
【作品概要】
≪収録予定曲≫
・鱗(うろこ) 【2nd シングル】
・虹が消えた日【5thシングル】
・花咲きポプラ
・Girl
・シンクロ 【1stシングル】
・フォーエバーソング 【6thシングル】
・アゼリアと放課後
・アイ 【9thシングル】
・1/365
・キミ、メグル、ボク 【4thシングル】
・グッバイ・アイザック 【14thシングル】
・今日もきっと
*秦 基博の歌唱作品ではございません。

okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング