秦 基博、自身最大のツアーが札幌公演にて終幕

okmusic UP's / 2013年6月11日 14時30分

秦 基博@6月10日(月)ニトリ文化ホール (c)原田直樹(okmusic'UPs)

4thアルバム『Signed POP』を携え、2月20日の千葉県文化会館を皮切りに始まった秦 基博の全国ツアー「HATA MOTOHIRO“Signed POP"TOUR 2013」。29都市31公演、4ヶ月間に渡るツアーが6月10日(月)札幌・ニトリ文化ホールで最終日を迎えた。チケットは軒並みソールドアウトで動員数は6万人を超えるなど、秦にとって過去最大規模のツアーとなった。

【その他の画像】秦 基博

最終日、超満員の会場の中、秦が登場すると歓声と拍手が沸き起こり「グッバイ・アイザック」からライブはスタート。「Signed POP TOUR 2013にようこそ! ツアーとしては約2年振り、札幌にやってきました。皆さん楽しんでください!」と冒頭挨拶をし「トラノコ」「鱗(うろこ)」、そして『Signed POP』から「May」「現実は小説より奇なり」を演奏した。

中盤では「アイ」を弾き語りで、「虹が消えた日」「恋の奴隷」「花咲きポプラ」をそれぞれバンドメンバーが入れ替わっての小編成によるアコースティック・ヴァージョンで披露。途中、ご当地ネタを持ち寄ってお客さんと答え合わせをするという今ツアー定番のMCコーナーがあり、道民にはお馴染みの、ある有名菓子メーカーのCMソングを観客全員が大合唱する和やかな一幕もあった。

「エンドロール」で圧巻のバラードを聴かせたあと、「ひとなつの経験」「自画像」と、最新アルバムの中でも異彩を放つ、4つ打ち~ファンクというアグレッシブなナンバーで客席は総立ちに。ライブ終盤を畳み掛けるように、「ヨコハマタイヤBluEarth」CMソングとしてO.A中の「Girl」、ギターをエレキに持ち替えて演奏した「FaFaFa」で場内を一気にヒートアップさせ、シングル「初恋」「Dear Mr. Tomorrow」を立て続けに演奏すると、いよいよ本編最後の曲へ。

MCでは、「今回約2年、じっくり時間をかけて『Signed POP』というアルバムを作り、久々のバンドツアーを行いました。タイトルにもなりましたが「署名入りのPOP」「自分流“秦 基博"が奏でるPOP」を大きなテーマとして作った作品で、今の社会、暮らしの中で自分なりに感じた事を掘り下げて作っていったので、聴いてくれる人がどのように受け取ってくれるか不安な思いもあったけれど、このツアーに足を運んでくれた方、そして今日もこんなにたくさんの人がこの場に集まってくださって一緒に思いを共有できたことが、僕にはアルバムを作った意味に思えます。本当にどうもありがとう」と語り、観客からも温かな拍手が贈られた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング