忘れらんねえよ、(たぶん)世界初となる無観客フェスを開催!

okmusic UP's / 2013年6月16日 11時0分

忘れらんねえよ無観客フェス photo by 則常智宏 (okmusic'UPs)

忘れらんねえよが“たぶん”世界初の「無観客フェス」を6月12日に、所沢航空記念公園内の野外ステージにて開催! 超満員の無観客の前で「僕らパンクロックで生きていくんだ」を熱唱した。

【その他の画像】忘れらんねえよ

忘れらんねえよが4thシングル「僕らパンクロックで生きていくんだ」のリリース日である6月12日に、所沢航空記念公園内の野外ステージにて、(たぶん)世界初となる「忘れらんねえよpresents無観客フェス」を行った。ちなみに、忘れらんねえよは3rdシングル「この高鳴りをなんと呼ぶ」をリリースした今年1月にも、代々木公園野外ステージで無観客ライブを開催しUstream視聴が5万人を超すなど話題となっており、今回はさらにグレードアップした「フェス」という形でライブが行われたことになる。

事前に告知されたのは、開催日時、ゲストアーティスト(おとぎ話、細身のシャイボーイ)、タイムテーブル、野外で行われることなどで、会場の告知は一切されず、出演者はイベント当日観客不在のステージに立つこととなった。

13:30過ぎには、「GALAXY GATE」、「RAINBOW GATE」の2つのGATEがオープン。「モッシュ&ダイヴステージ」のトップバッターにはお揃いのカラシ色のスーツに身を包んだ「おとぎ話」が登場。「王様にはならない」、「ネオンBOYS」など全6曲を披露し、雨の無観客の会場を盛り上げた。

転換時には、オフィシャルグッズコーナーでTシャツの販売、フードエリアでキーマカレーなどの販売なども行われた。もちろん無観客のため、買いにくるお客さんはいない。

続いて「シンガロングステージ」に登場したのは、細身のシャイボーイ。「あの娘の恋がうまくいきませんように」、「泣いて泣いて」など全4曲を熱唱。ラストに歌った「横濱」では、無観客の会場に向かって、「横濱~!横濱~!アリーナ!」と叫び、コールアンドレスポンス(?)が行われた。

ラストに「モッシュ&ダイヴステージ」に登場したのは、ヘッドライナーの忘れらんねえよ。ボーカルギターの柴田は「ニューシングルのリリース日に、何のためにやってるかなんて、わかんねえ!でも一生懸命やるしかないじゃないですか!」と「忘れらんねえよ」からスタート。リリースしたばかりの新曲「僕らパンクロックで生きていくんだ」や、CD未発表曲の「馬鹿だ」、「バンドワゴン」など全11曲を熱唱し、満員の無観客会場を沸かせた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング