ケン・イシイ、日本初上陸のスポーツイベントでDJ披露

okmusic UP's / 2013年6月16日 17時30分

6月15日@さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト (okmusic'UPs)

6月15日にさがみ湖リゾート プレジャーフォレストで開催された障害物レースのイベント、「ウォリアーダッシュ」の会場でケン・イシイがDJプレイを披露した。

【その他の画像】ケンイシイ

今回、ケン・イシイがDJを披露したウォリアーダッシュ(WARRIOR DASH)は2009年に米・イリノイ州で生まれた障害物アスレチックスと野外フェスを融合させた『MUD! SWEAT! BEER!(泥と汗にビール!)』がキーワードの体験型スポーツ・イベント。これまでに全世界で200万人近く動員する人気イベントで、日本では今回が初開催。

スポーツ・イベントでのプレイは初めてのケン・イシイだが、実はスポーツと音楽の親和性は高いという。自身のDJスタイルもアスレチックスそのものだそう。汗を流して帰ってきた人に向けて、『精一杯エナジーを使い切ってもらえるように、突っ走っていきたい!』と宣言。そんな気合に応えるかのように、ケン・イシイがブースに登場しプレイを始めるや、競技を終えて和んでいたランナーたちは覚醒したかのように、一斉にステージ前に集結し大騒ぎ。センター広場は瞬く間に巨大なフロアに変わってしまった。

ウォリアーダッシュの特徴は、およそ競技には向かないような思い思いのコスチュームに扮して走る事でも知られる。この日参加したランナー4000人のうち、3割はウォーリアーダッシュをよく知る外国人という事もあってか、コスプレでの参戦率は以上に高い。バットマンやシンプソンズといったアメコミ系に、くまもん等の和キャラや花魁姿。さらには前身をピンクや黄色にペイントした姿と、百花繚乱状態のランナーに広場は埋め尽くされ、ケン・イシイを『スポーツのハロウィン・パーティ!』と驚かせたほど。まさにスポーツと音楽の祭典の1日だった。


okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング