倖田來未、15万人を動員した全国ツアー「KODA KUMI LIVE TOUR 2013 JAPONESQE」が千秋楽

okmusic UP's / 2013年7月1日 12時0分

倖田來未、15万人動員の全国ツアーが遂にフィナーレ! (okmusic'UPs)

2011年に行われた「KODA KUMI LIVE TOUR 2011 Dejavu」以来、約2年ぶりとなる全国ツアー「KODA KUMI LIVE TOUR 2013 JAPONESQE」が千秋楽を迎えた。

【その他の画像】倖田來未

今年3月から全国9会場、16公演で行われた今回の全国ツアー「KODA KUMI LIVE TOUR 2013 JAPONESQE」。2012年にリリースしたオリジナルアルバム『JAPONESQUE』と、今年2月にリリースされたカバーアルバム『Color The Cover』の世界観を融合したステージは圧巻の一言。

「今回のライブは、『JAPONESQUE』というアルバムを制作しているときから、この曲ではこういう演出をしたいなど、曲を作りながら、演出も浮かんでいて。早くライブで実現させたい!と楽しみにしていたライブでした。このライブは、出産前に中止になってしまっていたライブなので、待っていただいていたファンのみなさんの期待を裏切らないように、最後の最後まで、アイディアをだして作り上げたライブなので、最初から最後まで隅々まで楽しんでいただけたらと思います」(倖田來未)

ライブのオープニングでは高さ30cmある下駄を履き、重さ30kg以上あるという豪華絢爛な花魁風衣装に身を纏った彼女が登場するという華々しいスタートで会場を沸かせた彼女。

「毎回ライブでは、一番最初のオープニングを大事にしているのですが、今回のライブは『和』がテーマなので、花魁を是非取り入れてみたい!と思い、セットももちろんですが、映像、ヘアメイク、衣装など、隅々まで倖田來未の花魁を表現できるように、すごくこだわりました」(倖田來未)

“和"、“DANCE"、“バラード"、“ROCK"というコンセプトのもと構成されたステージの合間に、彼女自身がドラムを演奏するという驚きの演出も初披露。

「ライブの構成を考えているときに、ここでドラムがでてきて、自分が叩けたらかっこいいだろうな、とふと頭に浮かんで、そのイメージを実現するために、練習をしました」(倖田來未)

アンコールでは、7月31日にリリースする3曲入りニューシングル「Summer Trip」から「LALALALALA」を初披露。

「気づいたら13年目です!早いですね。みんなの笑顔が見たくて一生懸命、今日このステージを創りあげています。今日はたくさんの笑顔を本当にありがとうございました! 本当に私はいいファンの方に囲まれて、恵まれた環境で歌わせて頂いています。いつもたくさんの人たちに私は支えられているから、私はもっともっと音楽を通して、一人でも多くの人に元気とか勇気とか、もっと頑張ろうっていう気持ちになってくれたら嬉しいなと思ってます。誰かが頑張っているときは、誰かが犠牲になってるってことを忘れたらいけないなって常に思うんですね。みんなもきっと人生の中で、どっちに進んだらいいかなっていう人生の迷いがあるとき、なかなか現実と理想は近づかないものだけど、でも、夢はあきらめた者負けかなって私は思います。今日私が伝えた言葉をいつか思い出してもらえたら嬉しいです」(倖田來未)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング